スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

過ちて改めざる

釣りに行った。が、ひじょうに混雑していた。
狭くて釣りにくい。

DSC_0342.jpg
そんなときはバーベキューだ!

通る人にリアルいいね(サムアップ)をもらいつつ、肉を食った。
魚釣りにいったのに肉臭くなって帰宅。

となりのおっちゃんに太刀魚もらった。顔面凶悪すぎ。
おっちゃんじゃないよ。魚がだよ。
DSC_0346.jpg


こんばんは、Evaboです。名前に特に意味はありません。

リゼポンの作製状況だが、現在こんな感じ。
DSC_0352.jpg DSC_0353.jpg
後ろ姿ピンぼけしてもた。八百屋の店員みたいになっとるな。

初心者ながら、いや初心者だからこそ毎回チャレンジの課題を己に与え、
それを乗り越えてみたり、揉んでみたり、さすってみたりしてきた。

そこで今回もリゼポン作製での課題を考えたい!
あ、リゼポンは愛称ね。

それは、パーツは切り離していたところ・・・。
そのとき、閃いた!
リゼポンはん、バーニアノズルがちょっと多いんとちゃいますかぁーー?(15個)

そうなのだ!
リゼポンのたくさんあるバーニアノズルをかっこよく仕上げよう作戦!

ところで、
リゼポンやめていいすか?
以後、リゼルC型でお願いします。

で、どういう風にしてやろうか思案したわけだが、まず前回がんばった薄造り。

そしてカラーリングで直感的にかっこいいなと思っていたのは、
ベタだけど外側がシルバーで中が赤という配色。しかしもう一捻り欲しいところ。

そこでメッキシルバー&焼け色塗装だ!
勢いよく言ったものの、いろんな人がやってると思うの。

バイクのマフラーとかチャンバーの焼け色ってかっちょいいんで、
あんな感じで行ってみたい。
【バイクプラモデルのマフラー焼けを塗装で表現】1moKei.jp 拝借しました。あざす。

で、買ったのがこれなんだけど、
DSC_0338.jpg DSC_0339.jpg
このとき間違って水性塗料買っちゃったのね。
使いもしない水性カラーがまた増えちまったぜ。なんかいい使い方あればご教授ください。

買い直したのがこれ。うちのクリアオールスターズ。
DSC_0355.jpg

で、さっきのバイクマフラーのリンク先記事を改めて読んでいたのだが・・・。
エナメルかアクリルでやろうねだってさ
ラッカー塗料onラッカー塗料だとメッキカラーが溶けちゃうようだ。

やはりオレはアホなのか・・・。
同じ色を三系統も買うことになるとは。
自分のあほさ加減に軽い尿漏れすら禁じ得ない。

まぁいい。いつか活躍するその日まで眠るがいい。

クレオスのメッキシルバーネクスト!
こいつは期待できるぜ!

こういうものらしい。
【メッキシルバーネクスト試してみました】 模型ファクトリースタッフのブログ
すげーじゃん!ピッカピカやん!一年生やん!

いったいぜんたいどんな感じになるのか楽しみである。

しかし塗装までの道のりは遠い。
しょいモンやすりがけ、仮組、スジ彫り、合わせ目消し、などなど。

→第4話 仮組がおわんねー
スポンサーサイト
[ 2014/10/24 10:01 ] 【HG】リゼルC型 | TB(0) | CM(6)

こんばんわ!
nさんにコメントを、もらえるなんて凄いですね(ノ*゚▽゚)ノ

やっぱ、できる人は違いますよ。
僕なんて一瞬で、抜かれてしまいました。

ところで、リゼポン面白いです(´▽`)
[ 2014/10/24 20:14 ] [ 編集 ]

いやいや、オレがすごいワケじゃないけどね。
兄さんも惨劇を見かねて書き込みしてくれたんでしょうw

抜いてないよー!それはない!
keisuke君も一番だしオレも一番!師匠も一番!
オレが一番ってのは言い過ぎた。すまん。
一緒にエンジョイ模型ライフ!共にかっこいいMS作ろうぜ!

リゼポン気に入ってもらえたなら戻そうかな・・・。
[ 2014/10/24 22:13 ] [ 編集 ]

こんばんはー
やべー相変わらず記事が面白い。
そしてやっぱり悔しいw
関西出身なので、この気持ちEBAVOさんもわかってくれると思う(きっと)

リゼポンかっこいい。肩、腕、膝あたりの白い部分が
プラ板で追加改造したみたいな?
違う?だまされてる?
股間もボリュームアップしてますね!?

ところで、真面目な話になりますが、塗料の件。
アクリル=水性なのでは?
2つは別物なのかな。
[ 2014/10/24 23:05 ] [ 編集 ]

なるほど!その悔しさわかります!

一枚上手のボケをかまされたときの自分の無力さ。
なぜオレがそれを思いつかなかったんだ!的な憤り。
おもしろいけど負けた感で素直に笑えない自分がいる・・・。ってやつですね!
ありますね。飲みに行ったりしたら特に。

プラモに関してですが、過剰評価っす!
わいにはプラ板でパーツ作るような腕前はありまへん・・・。
バンダイの技術力で細かいパーツまで別になってるんです。

股間は・・・自分をモデルに・・・ではなく、そそり立ちすぎですよね、これ。
どういうデザインなんだw

今日一番の衝撃!
アクリル=水性!はずかしー!
ちゃ、ちゃ、ちゃ、ちゃんと、し、調べてみます(動揺)
[ 2014/10/24 23:58 ] [ 編集 ]

Dolphinさんのコメントを拝見して気づいた!!
そうだ!
「タミヤのアクリル」も「クレオスの水性ホビーカラー」も
同じ「水溶性アクリル樹脂塗料」じゃん!
これ勘違いしてたのはevaboさんの責任ではないよ、
僕が教えたんだから僕の責任ですよ!
うわーゴメン!!


それで水性アクリル塗料の使いどころなんだけど
メジャーなのは

1.ラッカーで基本塗装
2.エナメルで汚し塗装

この1と2の間に挟み込む使い方があるよね
どちらの塗膜にも影響を及ぼさないから
細かい部分の塗り分けを基本塗装の後、
上から隠すように塗るって感じです
戦車模型で「つるはし」とか木材を塗る時に使うと
塗り分けがしやすい、みたいなね
まぁ塗り分けはマスキングでいくこともあるだろうし
時と場合と気分に応じて使い分けてるんじゃないかしら?w


あと海外モデラーは基本塗装に
水性アクリルを使うんだよね
なんか、ラッカーって海外には無いらしいよ?
だから海外の人は、ラッカーが使える日本が羨ましい、
って話を聞いたことがありますw

海外の人の作品って、
色使いが日本人と違う印象があるよねー
色彩感覚が、なんかほんとに別人種なんですよw
あれ、見るたびに新鮮なんだけど
基本塗装の塗料にアクリルを使っている、
というのも理由としてあったりして??
とか思ってたりしますw
[ 2014/10/25 12:57 ] [ 編集 ]

何となく理解!
なるほどね!言葉のマジック。

ラッカー系アクリル樹脂塗料と水溶性アクリル樹脂塗料なんすね。
略してラッカー塗料と水性塗料(別名アクリル塗料)。これが誤解の元なんすね。
正確には両方ともアクリル塗料なわけでタミヤのアクリル塗料も名称がややこしい!

ともあれ、アクリル塗料と水性塗料は同義のようですね。
水性塗料購入→ミスった!
ラッカー塗料購入→ミスった!
実は水性塗料購入が正解→ミスってなかったってことはミスった!

またひとつ賢くなりました。

しかし水性塗料の使い方指南ありがとうございます。
たくさん余ってるので、使い道に困っておりました。
細かいパーツの塗り分けをエナメルと共存させると幅が広がりますね。

海外はラッカー塗料だめんすね。意外。
日本の方がそういうの厳しそうなのに。
やっぱ日本は模型人工が多いのかな?
[ 2014/10/25 17:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masaya2000.blog.fc2.com/tb.php/40-90a4c356







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。