スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つまりですね

ボチボチと進めようと思ったリゼルC型。
文字どおりボチボチと進んでいる。

それはさておき。
さて置いてはダメな気がするが、とりあえず置いておこう。

で、前から気になっていたデルタプラスを展示しているアクションベース。
目先を変えてコイツを何とかしたい。
DSC_0203.jpg
■素組されただけのアクションベース

といっても、ヤスリをかけて色を塗るだけだ。

配色は白と薄いグレーと濃いグレー。
にしようかなと思い、白を師匠直伝の横着殺法
「思春期だし少量ならカップで直接希釈してもいいじゃん in サマー」を
秋もまっただ中の今、オッサンが実践。

ハンドピースのカップに薄め液を入れ、そこで塗料を直接溶くと言う楽チン技なのだ。
さっそくやってみよう。

結果から言うとハンドピースが詰まった。
ま、まじか・・・。リアルタイプ顔面蒼白。

おそらくは横着にもほどがあったのだろう。
今思うと、師匠の言う少量と俺の思う少量に大きな隔たりがあったのだと思う。

最初の薄め液をまぁまぁ入れてもうた。(カップ1/3ぐらい)→敗因①
攪拌棒をぐるぐるして塗料を溶かすぐらいでは薄すぎのため、すくって入れてもうた。→敗因②
塗料が沈殿しノズルに希釈されていない原液注入。→フィニッシュ!K.O.!

まぁまぁノズルが詰まるトラブルなんてエアブラシを使っていれば、
日常的な出来事。焦る必要はない。
ここで焦って闇雲に動いては傷口を広げかねん。ちゃんと調べるのだ。

グーグルせんせーーーー!

ふむふむ、わからん。

・・・しかし分解は必至。

ばらして組み立てたら何となく直った、という機械製品あるあるに期待。

DSC_0329.jpg
勢いでばらした図。
順番ちゃんと覚えとかないと・・・。

一応それっぽくツールクリーナーで洗浄。組み立て。
上のボタングラグラ。なんでーーー!?

もっかい分解。構造再確認。原因発見。よしオッケー!
エア吹き出しオッケー。カップにクリーナー投入。

スイッチオン!ぷしゅーーーー。空気のみ。

なんでさーーー!

塗料の通り道が詰まっているのであろう。
しかし開通させる術がない。うーむ。

専用工具でノズルをはずし、
ニードルの裏側を出し入れするという技もあるらしいが、工具がない。

もうこれしかない!
救急蘇生術「マウス トゥー カップ」(今考案)
カップに口を付けて息を吹きかけ圧で開通させるのだ。

はふーーー!と息を拭き入れると
先っちょのデリケートな部分から、ドロドロの白い液体がピュピュッと飛び出した。(誤解なきよう)
はぁはぁ…これでイケるはずだ(恍惚)

で、再度クリーナー投入。
スイッチオン!ぷしゅーー。ミスト噴射。

やったー!なおったよー!
自分で壊して自分で直しただけなのに謎の達成感。

で、それからは慎重に塗料を別容器で希釈し、ちゃんと色を塗った。
そして完成。
DSC_0330.jpg DSC_0331.jpg
特に感慨深さもなくできあがってしまった。
むしろエアブラシの動作確認のために色塗ったみたいな・・・。

アクションベースを作ったよ報告だったのに、
エアブラシ壊して直しました報告になってしもたな。
スポンサーサイト
[ 2014/10/17 15:49 ] 工具など | TB(0) | CM(4)

あららー詰まっちゃいましたか・・・
この方法で僕は詰まったことないんだけどなー
なんかちょっぴり罪悪感・・・w
うう、大変でしたね

でも僕も詰まらせたことは
過去に何度かありますよーw
そうやって大人になっていきましたw


あ、これ、言い忘れていたかもしれないけど・・・

塗装前に

1.「まずシンナーだけを入れて吹く」

で、

2.「ちゃんと吹けた=詰まりがない」←エアだけじゃダメでシンナーが吹けている状態ね

ことを確認して

3.「シンナー→塗料」

の順番で入れて←これはちゃんとオケーですな

で、

4.「うがい」

をしてから塗装!なんですが
もし、うがいをしていたにもかかわらず
詰まったんだとしたら
やはりevaboさんの分析通り
塗料をすくって入れたことに
原因があると思われまする・・


「マウストゥーカップ」はすごいwww
新技ですね!w

下ネタはスルーしちゃおうw

[ 2014/10/19 02:24 ] [ 編集 ]

分解整備。
んーまぁ、いい経験でしたw
しかし師匠が罪悪感を感じる必要はありません!
オレがアホだっただけなので。

ちょっと横着しすぎたんだと思います。
吹く前の動作確認はした方が良さそうですね。
カップに塗料入れてから出てこないのはダメージでかいですw

うがいが成功するとカップとノズルが開通してるってことでいいすよね?
慣れない内は慎重に作業すべし!ってことでがんばります。

下ネタにも反応してくださって良くってよ。あればですが!
[ 2014/10/20 01:05 ] [ 編集 ]

どもん~!
はじめまして!毎回、「訪問者記録」を見るたびにEBAVOさんを
見かけ、その度、ブログ記事も、ときおり拝見させていただいてます!
とても優秀な師匠の影響でしょうか、、、
凄く良い記事内容で、とてもためになりますね、、、、

それで、初めてのカキコですが、、、、、、、
僕からも「アドバイス」をひとつ、、、

たぶん、一般のユーザーさんやビギナーさんなどは、
みな同じ考え方なのですが??
「模型」とは、完成させること、を目標としていると思いますが?
実は、、、
そうじゃなく、「失敗」するためにやるんですね、、、、
「失敗」することを目的として作業を進めると、知らない内に
模型は上達します、、、、
「上手く作る事やそれを見せること(公開)」又は
「上手く作って人から賛辞をもらうこと」
この2つには、何も意味は無く、特に得るものもありません、、、

今回の「カップインカラー」や「マスキング」など、どれを見ても
正直、なるべくしてした「失敗」なのですが、、、、
この「経験」が、後の3年後、5年後の
EBAVOさんを支えるのです、、、、
本やブログで見聞きした「情報」は情報ではなく、単なる文字に
過ぎません、、、、何も体得できない無駄な情報、、、
でもね、、、、
今、EBAVOさんが繰り返し失敗しているこの大量の失敗は
「本物の経験値」として、「痛い思い」として体にしみこみます!
この世の中は、全てがギブ&テイクです、、、
辛い思いや痛い思いをなくして、得るものなどクズ同然で
今の、失敗だらけの本物の経験が「模型」そのものです!!

なので、これからもその「哀れで悲痛な失敗」をしつ続けてください!
今、この記事を見て笑ってるヤツらを必ず見返す日がきます!
最近では、キットのクオリティーの上昇や余剰パーツが安易に
入手でき、誰でも専門道具を購入できるので、あたかもそれを
自分の「腕前」だと勘違いして、、、、
「作れてるつもり」のライトユーザーが大量にあふれています。。。
(無論、それは悪いことではないが、、、)

失敗をしてこなかった、バンダイにおんぶに抱っこな人たちは、、
何年か後に気づくと思います、、、
「自分に何ができるかを???」
でも、恥も外聞も無く、こうして失敗し続けていけるならば、、、
恐らくは、数年後、EBAVOさんもトップモデラーの仲間入りを
果たすでしょう、、、、、
「模型」とは、そういうものです、、、、、

よく「学ぶ」と耳にしますが、、、
「学ぶ」と言うのは、失敗からしか学べないので、、、、
模型を完成させる、、、と、言う概念を捨てて、、、
「失敗」することに誇りを持って書き続けtください、、、、
いつの日か、、、、
「あぁ、、、年老いたモデラーがこんなこと言ってたなぁ、、」と、
思い返す日が、来ると思うよ、、、

僕は、EBAVOさんのあけすけで、どうしようもない失敗記事が
大好きですよ!これからもくじけずに胸張って失敗してください!!
ちなみに、僕は製作中、その7割が失敗の連続です、、、
模型を失敗無く組上げることがもし、できたら、、、
どんなにつまらない「趣味」に成り下がるか??
考えると、恐ろしいことですよねぇ、、、笑
お互い、これからも「失敗」競争しながら切磋琢磨して
楽しんでいきましょう~!!

長文なアドバイスになりましたが、、、、
模型製作の「極意」を記載してみました、頑張ってね!!
[ 2014/10/22 09:27 ] [ 編集 ]

にににに兄さん!
こんな場末のスナックみたいなところに!天上人がいったい!
ストーカーに間違えられてもしょうがないほど訪問してすみません。

展示会直前の忙しいところコメントいただきましてありがとうございます。
実は、ときおりお越しいただいていたのは存じておりましたが、それだけでテンションあがってました。

ブログをご覧いただきましたとおり、ド素人なもので、いろいろなサイトにお邪魔しまして、勉強中です。その中でもとりわけ、「プルプル日記」は絶賛集中訪問させていただいております。いつもお世話になっております。

模型に対する思想はとてもたくさんヒントをいただきました。技術的なところは現在の私ではモチのロンで再現できませんが、初心者にも納得の解説です。すごいです。

「模型」とは「失敗」するためにやる。
言い換えると今の自分から一歩踏み込んだ領域にチャレンジする。はたまた成功事例の繰り返しでは、成長しない。ということでしょうか。そういうことであるなら、兄さんの今の到達点はご自身でもおっしゃるとおり壮絶な失敗の繰り返しだったのは想像できます。

プラモデルをやめた理由で、とてもすごい作品を見て自分には到達できそうにないので諦めた、というのを良く見かけます。

とてもよくわかります。だって、無理なんだもの。

兄さんや師匠をはじめ様々な凄腕モデラーの方々の作品を見て、正直心が折れそうになりました。これって意味のない反応ですよね。皆がこの考えなら頂点の人しか残らないことになります。

趣味で野球やってる人がプロに劣るからやめちゃうってのは、あまりにもナンセンス。

マイ師匠からもよく言って頂くんですが、「失敗してもいいじゃない。趣味は楽しくてなんぼ」思想に救われてきました。

それに、下手くそでも続けていると、師匠のような人や、ブログを見てコメントくださる人、兄さんのような有名人との出会いもあり、それだけでも十分に価値のある趣味だと思っています。

ボクにとって技術の向上はオマケみたいなもんです。(オマケ大事です)

きっと失敗し続けますし、失敗を晒し続けます。それがこのブログの売りですからね。それでトップモデラーになれるんでしょうか!?想像もつかないです。

「失敗する恐ろしさ」より「失敗しない恐ろしさ」考えさせられました。
そしてきっと「失敗を生かせない恐ろしさ」ってのもあるんでしょうね。

お話を伺って失敗に対する耐性がさらにあがってしまったかもしれません(笑)

しかし!失敗競争なら兄さんにも負けませんよ!

「第1回千葉しぼり展示会」頑張ってください!一度ぜひ生で作品を拝見したいです。
・・・千葉しぼりの由来って何なんですか?
[ 2014/10/22 14:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masaya2000.blog.fc2.com/tb.php/39-9c0d8f31







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。