スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【HGUC 1/144】デルタプラス

ついに3作目完成!

いやー長かった。気がつけば秋。
作り始めた頃はあんなに暑かったのに。

■作品の紹介
今回は初のスプレー塗装。
そして問題のスジ彫り&スミ入れ挑戦。
デカール貼りなどいろんなことに挑んでみた。
うーん、我ながらがんばった・・・。
そういや、ウェーブライダーのパーツつくってねーな(汗)

ではご覧いただこう苦労の結晶を!

■【HGUC 1/144】デルタプラス
DSCN4730.jpg
グレー部分>タミヤスーパーサーフェイサー・クレオス呉海軍工廠標準色
胸部分など>タミヤネイビーブルー(USネイビー)
関節部分>クレオスミスターメタルカラーカッパー
内部機械部分など>クレオスジャーマングレー
白部分>クレオスホワイト

DSCN4724.jpg

元々のキットの色がかなり紫がかったグレーだったので、
オーソドックスなグレーにしてみた。
DSC_0122.jpg
元々はこんな感じ。

DSCN4731.jpg
デルタプラスなので、三角のデカールをたくさん使った。
少々くどかったか・・・。
ケツのデカール左右位置相当ずれてんな。

DSCN4725.jpg
ふくらはぎの無惨なスミ入れ・・・。

DSCN4728.jpg
シールドかっけー。
一番お気に入りのパーツかもしれん。

DSCN4727.jpg
ダメな部分をすべて隠してくれる素晴らしいアングル。
と思いきや・・・足の甲のパーツ浮いてもうてる。

いやー今回も手こずった!
でもいろいろ挑戦してみて勉強になりました!
phantom師匠いろいろ助言ありがとうございます!

■特筆すべき点
ライフルの塗り分けが意外と楽しかった。

目次【作製記】
スポンサーサイト
[ 2014/09/26 17:13 ] ギャラリー | TB(0) | CM(5)

おおー!シブくてカッコいいすねー!

写真が大きくて見やすいです
ありがとー!

やっぱスミイレすると引き締まって見えますね
最後の写真のアングル、かっこええなー!


足の甲ww
こういうの、僕もよくありますーw
写真を撮ってから気が付くんだけど
撮り直すのメンドいんだよねw

ともあれ完成おめでとうございます!
[ 2014/09/27 07:09 ] [ 編集 ]

師匠!ありがとうございます!
何とか完成しました。

スジ彫り&スミ入れはむずかしいっすねー
もっと練習しないと・・・。ジムに生け贄になってもらおうかな。

足の甲はすぐに浮いちゃうなぁ、と思ってて気をつけてたのにまた浮いてやがる。

しかし写真の撮影って難しいですねー。
特に設備を用意した訳じゃないんで、綺麗に撮れるはずもないんですがw
[ 2014/09/28 21:19 ] [ 編集 ]

はじめまして。

phantom様のところで
ハンドルネームを度々
お見かけしておりました。

機会が有り
今回ふと立ち寄らせて貰いました。
ブログの制作履歴の中で
この作品から製作者の
意図している方向性が
纏まり始めて作品然とした
表現力を持ち始めた様に
感じました。

前の2作は
[試行錯誤]の連続という呈で
苦悩する様を
面白可笑しく文章で表現されて
エンターテイメント性が強かったですが
模型への情熱は伝わって来ていました。


ガンプラ初心者からの上達が
試行錯誤をした結果
却って早くなった様です。

失敗してからもphantom様に尋ねて
自分流に消化する姿勢も凄いです。

他に感じた事柄を
書かせて貰いますと
「製作のポイント」とか
「魅せる為の製作の勘所」
の押さえ方を
感覚的に理解されて
反映し表現され始めた分岐点が
この作品と感じます。

別の言い方では
模型制作の情熱が
他者の眼に見える形で
荒削りながらも
表現され始めたのも
此の作品からではないでしょうか。

才能とは羨ましいものです。

書き方が感覚的なので
誤解され易いのですが
とても驚き感心しています。

流石phantom様一門を
名乗っていらっしゃる力を
お持ちなので
羨望と嫉妬を感じました。

これからも時間のある時に
閲覧させてもらいたいと思います。

最後に右足の甲の浮きは
歴戦の機体で
外部装甲取り付け部分が
戦闘で変形してしまった状態を
表現しているのかと
考えられる程度の浮きです。

重機では変形や衝撃等に拠る
有りがちなレベルの浮きですから
解説コメントが無ければ
気付きませんでした。

飛行形態では問題ですが
人型の形態なので
稼動状態でも
個人的には違和感は有りませんでした。

これからもお手本として
楽しませて貰います。

失礼します。
[ 2015/04/07 02:38 ] [ 編集 ]

>Pak43様

はじめまして。
EBAVOと申します。

今回はお忙しい中、
足をお運びいただき
ありがとうございます。

デルタプラスは始めてから
三体目のキットでございます。
技術の伴わぬ中、
師であるPhantom氏より
いろいろなことを教わりながら
作った思い出深いキットです。

まだまだ模型に表現力を
持たせるほどの腕前は
持ち合わせておりませんが、
自分なりに工夫してみたいと
思うようになったのも
このキットからかもしれません。

過去記事にさかのぼって
コメントをいただけると言うのは
とても嬉しいものですね。

Pak43様がおっしゃるような才能は
残念ながら持ち合わせていないと思いますが、
創意工夫することを
楽しみながら模型作りに
取り組みたいと存じております。

Phantom師匠への弟子入りは、
わたしが勝手に押しかけてしまい、
無理矢理弟子入りした格好ですが、
師匠の懐の広さで認めていただいただけのもので、
とくに力量が伴っているものではありません。
なので、羨望を受けるに値するような
作品などあろうはずもありません。

模型作りには想像力の逞しさは
とても大きな武器のひとつだと考えています。
Pak43様の浮いた装甲から
思い描いたイマジネーションは
素晴らしいと思います。

当方にしてみればただの不注意ですが、
そのように解釈していただけると
救われたような気がします。

Pak43様は熟練モデラーの方と
勝手に想像しておりますので、
お手本などとは恐れ多いですが、
ご覧いただいてお楽しみいただければ幸いです。

すこしばかりブログから
離れてしまいますが、
気が向きましたら
またお立ち寄りくださいませ。
[ 2015/04/07 17:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/04/08 10:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masaya2000.blog.fc2.com/tb.php/30-8179584e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。