スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第12話 こ、これがミラノ【イタリア】

アテネ空港に到着した一行に課せられた最初の任務は、
飛行機への搭乗手続きである。

DSC_1202.jpg

インターネットでの予約は便利な反面、
確かな手応えがない分、不安が残る。

そしてその不安が的中した。

搭乗までの流れで言うと、
チケットの予約→ネットでチェックイン→実際に空港で手続き→搭乗
なのだが、ネットでチェックインは搭乗の48時間前から受け付け開始ね♪
みたいな感じなのである。(全部英文なので勘に頼る部分が多い)

船のインターネットが不安定なせいもあるが、
どうにもこれちゃんとチェックインできてんの?
みたいな挙動があったのだ。

ようはチェックインできていなかった。二名分。
空港でチェックインしてもらうと余計な費用がかかるのだ。
しかも数千円。費用が倍ほどになってしまう。

しかも言葉が不自由なので、十分な意思の疎通ができない。

そしてネットで予約したにもかかわらず、
予約確認のメールを印刷してこい、という手順もあったりする。
もちろんプリンターなんぞ持ち合わせていない。

オレが空港のWi-Fiスポットでなんとかネットチェックインができないか試みようとしていたところ、
奮闘していた女子達と受付のお姉さんのやりとりがかみ合ったらしくなんとか無事チェックイン。

今度は印刷物がいるのかどうかで気を揉んだ。
搭乗口まで様子を見に行くとスマートフォンから
直接バーコードを読み込んでいる乗客を見かけたので、ホッと一安心。

ここでトルコ組と合流し、朝食を摂ることに。

DSC_1208.jpg


離陸はイタリア組の方が先なので、トルコ組に別れの挨拶をし、搭乗口に向かった。
トルコはEUではないので、パスポートが必要だが、ギリシャとイタリア間はEU内なので、
パスポートが必要ないようだ。

チェックインのドタバタのせいもあり、座席はバラバラ。
ま、3時間ほどだししょうがないね。

そして、念願のイタリアミラノに到着!
苦労して到達しただけに感慨もひとしお。

DSC_1209.jpg

ここからバスでミラノ市内に向かうのだが、
直通バスがあるのを知らず、巡回バスに乗ってしまう。
というのも、空港のお姉さんがこのバスに乗れっていうから!!
一応教えてもらった道順に従い、駅のバス停で下車。
ここから電車に乗り換えてミラノ市内に向かう。

DSC_1210.jpg

イタリアって改札ないのよね。
あれ?切符買ったけど、これどおすんの?
乗っちゃって良いの??
ここでも電車の乗り方で戸惑う。

DSC_1215.jpg

のどかな田園風景の眺めながら数十分でミラノ駅に着いた。
駅はもうミラノ感満点だった。

DSC_1218.jpg

駅のホームで自転車乗るんじゃない!
フリーダムすぎ。

そういえば、オレは喫煙者でタバコを吸う。
ヨーロッパは喫煙場所などとても厳しいと思っていたのだが、
駅のホームにも柱ごとに灰皿があり、日本よりもはるかに喫煙者に優しい。
というわけで、喫煙場所には終始困ることがなかった。

ミラノ駅は、駅なのに・・・駅のくせに・・・荘厳だった。

DSC_1227.jpg

これ・・・駅なんだぜ・・・。

無事にミラノに到着した我々は腹が減りまくっていた。
しかし、ギリシャでの反省点からまず宿の確保が最優先ということを学んでいる。
これを両立させるため、
周辺のめぼしい宿の名前をピックアップし、Wi-Fiのあるレストランから予約を入れる作戦敢行。

レストランに向かう途中、
ホテルカルフォルニア
という、こましなホテル横を通過。
なぜミラノでカリフォルニアなのかということは置いておこう。(イーグルス的にも)

ここをインターネットで調べてみよう、ということにしレストランへ。

何を食べるのかというとやはり定番

ピザ・マルゲリータ!
DSC_1229.jpg

からのトマトソースパスタ
DSC_1230.jpg

そしてラザニア
DSC_1231.jpg

とどめのカプレーゼ
DSC_1232.jpg

全部トマトやないかぁーい!!

とてもおいしくいただきました。

そして最優先任務であるホテル予約をここのWi-Fiで行いたい。
日本ではお店のWi-Fiってあまり聞かないけども、海外では一般的で、
ウェイターさんにWi-Fiある?と聞くと、メモ書きのパスワードくれたりする。

日本でも外国人のお客さんが良く来るお店は導入した方がいいよ!

で、みんなでネットで調べていると、あーちゃんがホテルを見つけたらしく、
予約しとくねー♪とのことだったので、よろしく~♪となり、
安心しきって、カプチーノなんぞをすすりながら優雅に過ごしていた。

お会計をすまし、ホテルカリフォルニアに悠々と向かう一行。

受付で、予約したものだが?受付してもらえるかな?
みたいな感じでパスポートを見せたが、
予約はいってないよ、と言われた。

そんなわけないよ!
ちゃんとインターネットから予約したよ!

と力強くスマートフォンの画面をホテルマンに見せつけるあーちゃん。

ホテルマン「これ・・・ホテルフロリダやん?」
まさかの東海岸!!

おーい!!あーちゃん!!(全員絶句)

愕然と肩を落とす一向に、
ホテルマンは声をかけた。
駅で二駅ぐらい向こうだからすぐだよ、と。

ま、のんびりいきますかー。
ということで散歩がてら歩いていくことに。
2時間かかった。

しかし、探せどホテルらしきものが一向に見つからない。
地図では間違いなくこの近くだ。

犬のお散歩をしていた老紳士に訪ねてみた。

ここだよ、と指さしてくれたのは幼稚園だった。

ん?よく見ると幼稚園の脇の扉に小さく「ホテルフロリダ」と書いてある。
え?これ?

ブザーを押すと扉のロックがはずれる音がした。

おそるおそる階段を上がると受付に
ブルーザーブロディを彷彿させるいかついイタリア人がいた。
【ブルーザーブロディ】

おい!大丈夫なのか!!?

※今なつかしくて何となくホテル調べてみたら、
実際は名称がホテルフロリダとホテルカルフォルニアで逆でした。(どうでもいいんだけど)

-つづく-
スポンサーサイト
[ 2015/11/08 20:00 ] 世界一周 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masaya2000.blog.fc2.com/tb.php/180-3364e155







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。