スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第6話 地中海にて【キプロス】

スエズ運河を抜けると晴れ晴れとした地中海に出た。
内海なので穏やかなのかと思ったら、意外と揺れた。

十日間ほどの航海を経て、5月9日にキプロスだ。
港はリマソールという町。

キプロスは地中海の東端に浮かぶ長さ250km、幅100kmほどの島国だ。
今調べた・・・。

各寄港地では、船会社が主催する様々なツアーが組まれていて、
五日前までに申し込みすれば参加することができる。
金額は規模にもよるが数千円から数十万円。
船を下りて飛行機を使いホテルに泊まるようなツアーは当然高い。
人気のツアーは船に乗る前からいっぱいだ。

楽しみ方は人それぞれで、ツアーを中心に計画を立てている人や、
オレのようにフリーで行動するのをメインにしている人がいる。

オレがツアーに申し込んだのは、
このキプロスとドイツ、パナマの三カ所だけだ。

たしか前日の夜に入港し、港の周辺をウロチョロできたはずだけど、
見渡す限りなんもなさそうなので、船に残ってた気がする。
降りた人は港の施設のWi-Fiを求めてさまよっていた。

どこに行ってもそうだったけど、まずはWi-Fiを探す!
っていうのが、基本行動になってたような気がする。

朝になり、港の全貌が明らかに

DSC_1019.jpg

なんもない。コンビナートみたいな港。

申し込んだツアーは昼からだったので、
午前中は徒歩でその辺をブラブラしようと思い一人で船を下りた。

DSC_1009.jpg

とりあえず大通りに出ると船から下りた日本人をチラホラ見かけたので、
近くにスーパーとかコンビニがないか訪ねると歩いていける範囲にあるそうで、
とりあえずそれを目指してみた。

DSC_1012.jpg

雰囲気的にはギリシャっぽいような感じの町並み。
あくまでオレのイメージだけど。
背の高い建物があまりなくて、全体的に白い。

DSC_1014.jpg

キョロキョロと景色を見ながら10分ほど歩くとスーパーがあった。
あんまり大きなスーパーじゃないけど、お菓子とか飲み物が買えればそれでいい。

DSC_1016.jpg

コーラが1リットルで100円程度、ポテチなどのお菓子も100円台(袋でかいけど)と
日本よりやや安い程度。
飲み物をたくさん買うと重いので、お菓子を中心に買い物。

海外のスーパーに行って、見たこともない野菜や魚を見るとテンションが上がる。
ここでも、名前もわからないようなモノがたくさん売っていた。

んで、帰った。

DSC_1018.jpg

そして残念なことに・・・
ツアー中の写真全滅!!
まじか・・・。

文字だけですんません。

バスで移動し、パフォスという町を目指した。
そこにある世界遺産の「ディオニソスの家」というところと、「王家の墓」というところに行った。

山間の高速道路を抜けると、海沿いの道に出た。
そこでアフロディーテ誕生の地なるところに到着。

抜けるような青空と青い海!さすが地中海!
浜辺に大きな岩があり、そこで美の女神アフロディーテが誕生したそうな。
興味のある方は検索してみて!ただの岩だから!

そこから海沿いに走ると、ヨットハーバーやオープンテラスのレストランが建ち並ぶ
リゾート感満点の町並みが続く。こ、これはテンション上がるぜ!

ちょっとはリゾート感を楽しめるかと思いきや、
遺跡巡りで時間がなくなり、ご飯も食べられないほどの過密スケジュール。

まずはディオニソスの家に到着。
ディオニソスの家は2世紀に建てられた邸宅だそうだ。

ディオニソスさんが住んでたのかというとそういうわけではなさそうだ。
ディオニソスは神様?

そこは床一面に細やかなモザイクのタイルで装飾された建物がメインの遺跡だ。
何がすごいかというとそんな大事なモノをガラス越しでもなく本当に間近に見れることじゃないだろうか。
2世紀ってーとほぼ2000年前!しかも世界遺産。

海外に行って思ったのは、どこも来場者をとても信頼していると思う。
訪れる人も現地の人と同じように大事に見てるんだろうね。
ふざけたりしてるの日本人ぐらいだった。
入っちゃいけないところは入っちゃダメ!

ガイドさんの説明は右から左だがロマンだけは感じることができた。

続いて、王家の墓。
ここは紀元前に作られた地下墓地だそうな。
ロ、ロマンは感じた。

で、さっきの海沿いのリゾートパフォスまで戻ると30分だけ自由時間があった。
海沿いを突き当たりまで歩くとパフォス城がデデーンと構えている。

そこでフリーで行動していた船友一行と遭遇。
レストランでわいわいと食事をしながら楽しんでいる。
くっ!フリーにすりゃよかった。

腹いせに乱入してつまみ食いして帰った。

行って戻ったら30分経っていたので、
そのままバスに乗り、船に帰着。

地中海最初の国キプロスの旅であった。

余談であるが、キプロスは北と南で分断されている。
北はトルコに占領された過去があり、行き来はできるものの、まぁ別の国だ。

北側に行くツアーもあったのだが、
自力で北側を目指した女の子がいて、
北と南の境界線で手続きに不備があったらしく。

行くことも戻ることもできないという事態に陥っていたらしい。
こっわ!

どういう解決法で戻ったのかは知らないが無事に帰れたのでよかったよかった。

-つづく-
スポンサーサイト
[ 2015/10/13 02:35 ] 世界一周 | TB(0) | CM(4)

こんばんはー!

インドとは打って変わって、南国リゾートって雰囲気ですね~!
生えてる木が南国っぽい!

キプロスは名前だけは聞いたことありますが、どんな所かは全く知りませんでした。
地中海沿岸は古代遺跡などがたくさん残ってそうですね!
間近で見れるなんて羨ましい!

カメラを無くしてしまったのが悔やまれますね!
[ 2015/10/13 19:24 ] [ 編集 ]

>ぷらっちっくさん

どもですー
そっすね。いきなり南国感でてきましたね。
インドの方が遙かに南国なんですがw

いやいやーキプロスのことを詳しく語れる人少ないんじゃないでしょうか。
申し訳ないですけど、マイナーな国ですからね。

遺跡旧跡はたくさんあるみたいです。
旅ではたくさん遺跡をみすぎて途中からもう瓦礫にしか見えなくなってしまう始末。

カメラ痛い!今更ながら痛い!
イタリア以降は携帯で撮影してるんで復活します。
もう少々お待ちください!
[ 2015/10/14 01:24 ] [ 編集 ]

おおーありがとーです!!
前記事、自衛隊に感動ですねー
僕なんか平和ボケしてるから
全然実感がわかないけど
そーとー危険なんでしょうねー



アフロディーテ誕生の地、写真検索してみたけど
めっちゃくちゃ海がキレイな写真が出てきたよ!!
王家の墓は、ドラクエがでてきた!w



>ふざけたりしてるの日本人ぐらいだった
あうー・・・これはとても反省というか
別に海外にいかないけれど
やっぱり平和ボケしてるんだろうなー
僕も気をつけようと思ったです


街は近代的な感じなのに
ちょっと移動したら
ロマンを感じる場所があるんだねー
[ 2015/10/14 15:38 ] [ 編集 ]

>師匠

どもっすー!
自衛隊の皆さんご苦労様です。
と、マジ思いましたね。こんな感じで関わることないですからね。
俺自身も実感わかなかったですけど、危険みたいでした。

アフロディーテ見ていただけましたが!
海は綺麗なんですけど・・・岩は・・・。
なぜあそこが誕生の地認定されたのか謎ですよね。

ドラクエ!w
ありましたっけw

まー、外国人でもふざけたりするんでしょうけど、
柵超えて記念撮影してたりするヤツいたんで、おい!と思いながら、
おい!と発声してましたw
説教ってほどではないですが、そういうことしちゃダメだよと諭しときました。
ボク大人なんで(えへん

近代的ってほどではなかったですが、色んな景色の国でしたね。
これからもう行くこともないでしょうし、行くことができてよかったです。
[ 2015/10/14 18:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masaya2000.blog.fc2.com/tb.php/171-926e7a2a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。