スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第4話 町へGO【インド】

インド二日目である。

インドは町中を散策するだけでも神経を使うため、
慣れないオレ達はなかなかリラックスできなかった。

だってどこいってもガン見されるし・・・。
売り子うざいし、タクシーの運ちゃんしつこいし。
タフでエネルギッシュだとは思うけどね。

DSC_0915.jpg

今日は港を反対側に渡った市街地に行ってみた。
本日のメンバーは昨日とはまた違うメンバー5人。

近くから渡船が出ているらしいので、歩いていこうかということに。
だが遠い。道があってるのかもわからない。

DSC_0909.jpg

途中トゥクトゥクのドライバーに聞くと結構先だよ、とのこと。
困っていると、乗れよ、といわれた。
俄然警戒体制。

近いし、お金いらないよ、といっているが信用ならんけども、
警戒しすぎるのもよくないと思い乗せてもらう。

ほんとに近くて金も取られなかったが、
お金を取らない代わりにどこ行くんだ?オレのトゥクトゥクで案内するぜ
と延々強烈な客引き攻撃にあう。

しょうがないのでチップを渡し、離脱。

渡船は地元民も使う交通初段なので格安。数十円。
のんびりと十分ほど船に揺られると岸に到着。

DSC_0914.jpg

いろいろ回ったはずなのに画像がないなと思ったら、
イタリアでカメラをなくしたのを思い出した。
あの中か・・・(紛失かスリか置き引きか)

さてなにしようか、と話していると、またトゥクトゥクの客引きに遭遇。
もういいよ!
と思いながら話を聞いていると半日観光場所を巡って五人で150円ぐらいという。(ほんまかよ)

DSC_0916.jpg

メンバーで協議の上、利用することに。
カラクリで言うと観光地の間におみやげ屋さんとかレストランを挟むことでインカムを得ている模様。(納得)

というわけで、最初に行ったのは服屋さん・・・。
買わねーし。

店の側面でタバコでも吸いに行こうと思ったら、そこはもう廃墟。

DSC_0919.jpg

こっそりタバコを吸っていると高確率で誰かに一本ちょうだいといわれる。
ここでも二本ほど誰かにあげたな・・・。

そっから教会やら何やら回ったが、記憶に薄い。

DSC_0925.jpg

DSC_0934.jpg

行くだけで何の説明もないしね。

町中をブンブンと走り回り、
DSC_0941.jpg

またおみやげ屋さんに到着。

DSC_0946.jpg

で、昼食にレストランに連れてってもらったら、船のメンバーが続々とやってくる。
周回コース決まってんのね・・・。

メニューはカレーづくし。
オレはインドではチキンバターカレーを食べるのが目標だったので、迷わず注文。

DSC_0959.jpg

他のメンバーは悩みながらもそれぞれ注文。

米が・・・長くてまずい。
まずいんじゃなくて口に合わないだけなんだろうけど。
そして量がめっちゃおおい。

DSC_0960.jpg

オレの頼んだチキンバターカレーは塩味が薄いがベースはうまい・・・。
これはなんとかしたい!とおもい塩をもらって味を調えたらめっちゃうまくなった。

ほかのカレーは当たりはずれがあったみたいでなかなか食べ進まない様子。

かえっこしながらなんとか完食!はらいっぱい。

値段も400円程度と普通に考えれば安いんだが、
ここいらでは相当高値なんだろう。

このあと海に向かい、中国から伝わった漁を実演してるところとか回ったんだけど、写真がない・・・。
なんか声をかけられて参加させられたのよね。楽しかったけど。

メンバーの何人かが他に行きたいところがあったらしく、
ここから船に帰りたいと伝えると「あと一カ所だけだから行こう!」という。

だめだといってもなかなか引き下がらない。
いま思い返すと、もしかして全行程を回らないと仕事が成り立たないんかな?

ともあれ、なんとか渡船乗り場まで送ってもらった。

時間的にきわどかったので、オレは渡船を下りてから船に戻るつもりだったが、
他の四人は買い物に出かけるようなので、降り場で解散。

ピースボートまでは結構な距離があったと思うが、今なら歩いて帰れるだろうと思い、
だいたいの方角を見繕って歩き出した。

が、全然見つけられない!

見たことがないところに行き着いた。

DSC_0962.jpg

やべーと思ってると、トゥクトゥクのドライバーが声をかけてきた。
港行きたいんだけど、と伝えると500円ぐらいの値段を言われたので、無視した。

で、ずっと着いてきて、距離が進むほど値段が落ちていく。

結果、100円ぐらいになったが、それでも高いんだろうな・・・。
安くしてやったんだから友達を紹介しろみたいなこと言ってきたけどフル無視。
途中船の日本人を見つけるとわざわざ停めて、声をかけてくれみたいなことを言いやがる。

はよいけや!!

すったもんだでなんとか船に到着し、インド初体験終了。

もう一度行ってみたいかどうかで言うと、
オレはもういい。

-つづく-
スポンサーサイト
[ 2015/10/10 17:18 ] 世界一周 | TB(0) | CM(3)

改めて思ったんですけど
この旅行記って、すごい濃い内容ですよね
写真いっぱいだし、テキスト面白いし
これ僕らモデラーさんの間だけで終わるのは
もったいない気がしますねー
例えば旅行のお仲間とか読まれてないんですかね?



タクシーの話、面白いすねーw
事前説明会で
「タクシーでふっかけられた時の対処」
とかなかったんだ?w
運ちゃんとの会話は英語なの??



え!?カメラ、なくしたんすか!!!
それリアルだなー!
イタリアってなんかそういうイメージありますよー!



食べ物きたー!!
なんじゃ、あの白くて細いの??
シラスか!?
確かに口にあわなそう・・・w
塩味薄いんだ?へぇへぇーへぇー超意外



面白かった!!
ありがとうございます!
次はどこかなー紅海かなー?
きれいな海の写真を期待してます!!!
[ 2015/10/11 04:54 ] [ 編集 ]

おはようございます~!

旅行記事がアップされて嬉しいです!ありがとうございます。
そしてとっても読み応えがあって楽しいです!
写真もいっぱいあって、ついつい見入ってしまいますね~!

初っぱな一発目のガンジーさんが可愛い!
(*´ω`*)
廃墟の写真は予想以上にボロボロなのがいいですね。お店の横なのに掃除とかしないのかな?
あと、お米はちょっと長過ぎて、ビジュアルが虫っぽくてヤバイ~!ww

やっぱり船が一番居心地がよさそうですね~。
[ 2015/10/11 07:38 ] [ 編集 ]

>師匠

いえいえ、プラモ友達に読んでもらえるだけで十分です。
旅の仲間に教えるとやいのやいの言いそうなので、やめときますw
間違いの指摘とかありそうなw

なんでもだいたいの相場は教えてくれるんですけどね。
タクシーはばらつきすぎて的が絞れないですね。
船に戻ってからみんなの話を聞くと、結構やられちゃってましたね。
とはいえ、数百円の話なんで笑い話ですけど。

イタリアへは小さなリュック一つで出かけたので、
無くしようもないはずなので、シェアハウスでやられたか電車でやられたかとおもっとります。
機械はいいんですけど、写真返してくれってかんじっすね。

米はやばいっすね。ビジュアル的に受け付けないと言うかw
インド人が日本の米見てもやっぱ気持ち悪いんすかね・・・。

続きまた書きますね!

>ぷらっちっくさん

いつも読んでくださってありがとうございます!
ガンジーさんのあのポスターいろんなとこに貼ってあるんですが
なんのポスターがわかんないですw

町なかは日本の市街地からは想像できないほど荒れてますね。
ゴミあふれすぎです。
コーチンも相当だったんですが、船を下りて一人でインド回ったヤツがいて、
そいつがいうにはコーチンぜんぜんマシとのことw
他はいったいどんな感じなんだ!w

米は見た目やばいですよね。
なんかうーんってかんじで食がすすまんです。ぱさぱさだし。

船がやっぱいちばん落ち着きましたね。
我が家が一番!
[ 2015/10/11 18:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masaya2000.blog.fc2.com/tb.php/169-c452c76b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。