スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・忘年会

大晦日。

おおみそかって漢字で書けって言われたら自信ないな。
こういうときが勉強のチャンス。

意味を調べてみよう。

【ペディり中】

なるほど!
そういうことね。
オオミ・ソカ で本来は区切るらしい。
大海・遡河という意味で、海から河に戻る日と言う意味だそうな。
だからお正月は鮭が良く出てくるんだね!

あ、嘘だからね。
じゃ、良いお年を~。

じゃなくて、こんにちは。EBAVOです。
昼間から肉と酒をくらい、ちょっと気持ちが悪い。

さてさて、昨日の年の瀬も極まった30日に忘年会にお邪魔してきた。
メンバーはいつも楽しく飲んでる飲み友メンバー。
一緒に酒を飲むという以外に共通点はない。
という貴重な集まり。

開始2時間前に集合し、主催人キクちゃんと一緒にスーパーに買い出しに行った。
で、そのスーパーは、電気屋さんのエディオンと併設されており、ガンプラコーナーがあった。

このEBAVO、
寄らぬワケにもいかぬ。

で、一緒に行ったキクちゃんもプラモ作ってみてぇぜ!ということで、一緒に吟味。
キクちゃんもはじめた頃のオレと同じく、子どもの頃作ったことある程度で、ほぼ未経験。

しかもガンダム見たことないらしい。
なぜ興味を持った。

だいたいガンプラ選ぶときって、アニメで動いてるの見て心揺さぶられ購入。
って流れが多いと思うんだけど、見たことない人はどういう基準で選ぶんだろうね。

シナンジュを手に持つキクちゃん。
やめとけ。
そっと肩に手を掛けて一言。

そのときに、グレードの説明やら、ガンダムシリーズの説明やらいろいろ話した。
おっさんの説明だと、どうしてもUC方向に引きづり込んじゃうね。

で、候補を3つ選んだ。
HGゼータガンダム
HGケンプファー
HGシナンジュ
だからあきらめろって!
どうもシナンジュへの愛が止まらない様子。

箱あけた瞬間、耳から血が噴き出すからやめときなさいと言って説得。

で、やっぱ主役機でしょ!ということでゼータガンダムに決定。
いっしょにニッパー、ナイフ、紙ヤスリの購入を薦めておいた。

1時間が経っていた。
ふたりとも完全に本来の役割を忘れている。

うわーー!どうしよー!

で、キクちゃん先にスーパーに行き、
自分のプラモを選んであとで合流しようと言うことになった。

が、オレは一緒に眺めてて何となく決めていた。

やっぱ新年と言えばこれっしょー!
DSC_0202.jpg
はじめてガンプラに挑もうと思ったあの日。
遙か高みに遠のいてしまったMGバンシィ。
その溜飲を下げるべく再びよみがえる!
HGだけど。

ぶっちゃけ、理由は
金色でめでたいから。
しかし新年からデストロイとはひじょうに物騒。

で、少しの時間差でスーパーにて合流。

鍋の具材やらなんやらかんやら買って会場に帰着。
そっから準備。集合時間を過ぎておる。
ま、のんびりしたもんで、来る人来る人みんなで準備を整えた。

そしてついにザクの納品。
さようなら、オレのピンクザク・・・ついにお嫁にいってしまうのね。

ザクと交換にこんなモノをもらった。
DSC_0201.jpg
手作りシャア人形!
なんともふてぶてしくも愛くるしい人相。
ヘルメットから出ている金髪も芸が細かい。
これはなかなかのセンス。アムロも欲しいな。
いやいや、ありがとうございます。大事にします。

てことで、ザクを無事とどけた。
DSC_0200_20141231132013406.jpg

で、酒を飲みながらキクちゃんとプラモの箱を開け、パーツを眺めていたのだが、
女性陣にはプラモの楽しさがなかなか伝わらない様子。

んで、できあがったらどうなるの?
飾るんだよ!

それ楽しいの?意味あんの?
楽しいけど、意味なんてねーよ!

できあがったヤツ買うとだめなの?
それこそ意味ねーよ!

ヒマなの?
・・・もういい。
もういいよ!

ちきしょー!
師匠の師匠である横山大師匠を召喚して切々と楽しさを説明してもらいたい!
オレもモデリングブック買って熟読しておくべきだった!

だらだらといろんな話をしながら飲んでたら、終電が近くなってきたので、お開き。

電車の中で大晦日を迎えた。
今日は一年の締めくくり。なにをしよう。

最後の最後に長い記事になってしもた。
来年はもうちょいコンパクトな記事を心がけよう・・・。

ではでは、皆様の来年一年が今までで一番良い年になりますように。
また来年!
スポンサーサイト
[ 2014/12/31 13:58 ] 日記 | TB(0) | CM(5)

2014年を振り返り

本格的に年の瀬だぜー!

あ、有馬記念買うの忘れたー!
欲しい物いっぱいあったのに・・・。

競馬に当たってたら何買うんだろうね。

しかし、極端に金額の大きい物(家とか車とか)除くと、
欲しい物の合計金額って意外と少ないような気がする。
せいぜい数十万円じゃない?

オレはパソコンとPS4買ったら終わってしまう。
そう思うと、プラモデルの道具って安価だよね。
1万円もあれば、相当買えちゃうし。

あ、10円みっけ。

おはようございます。EBAVOです。

さて、本年の8月よりはじめたプラモデル。
というかガンプラだな。
もう5ヶ月だよ。5ヶ月。早いねー。

phantom師匠にはプラモデルのノウハウでお世話になり、
いろんな方から、たくさんのコメントをいただき何とか続けることが出来た。
てか、ブログを始めることになるとはおもわなんだ。
いまさらだが・・・。

グフカスタム、デルタプラス、ハイゴッグ、リゼル、ザク2体の
計7体。
作るペースは早いのか遅いのかわからんけど、いっぱいできた。

では作品を振り返ってみよう。
まず、デビュー作「HG1/144ジムコマンド」
DSC_0191_20141228234426bae.jpg
いやー思い出深いね。
右も左もわからずとりあえず組み立ててみたあの日。
今では塗装の実験台に成り下がり、この有様。
しかし今のオレがあるのもコイツのおかげ。

つづいて「HG1/144グフカスタム」
DSC_0192_20141228234428c6e.jpg
はじめてちゃんとプラモデルを作ったのはコイツかもしれない。
サーフェイサーをはじめて使ったときは感動したもんだ。
このときからPhantom師匠にいろいろ教えてもらいながら作ったのだ。感謝感謝。
筆塗りで苦戦したのは良い思い出。

三作目の「HG1/144デルタプラス」
DSC_0193_20141228234410aa3.jpg
初めての缶スプレー。臭かった。とにかく臭かった。
で、スジ彫りと墨入れに失敗して泣いたあの日。
何でも最初はそうだよね。
デカールにも初挑戦。

4作目「HG1/144ハイゴック」
DSC_0194_20141228234409636.jpg
エアブラシデビュー作。途中からだけど。
はじめてのオリジナルカラー。
なんかホイホイとできあがって印象薄いな。
飾るとき横幅でかすぎて邪魔!

5作目「HG1/144リゼルC型」
DSC_0195_2014122823440846b.jpg
今年のパーツ最多モデル。とにかくヤスリがつらかった。
いろいろやってみて、失敗して、そのリカバーがしんどかった。
出来上がりまでとても長かった。
はじめて、スジ彫りでパネルラインを彫ってみたのも、これ。
一番思い入れがあるかもしれない。

6作目「量産型ザクⅡ」
DSC_0196_20141228234406393.jpg
2体同時作製に挑戦。
まさかのピンクザク!まだ渡してない・・・。
動かして遊んでたら、
塗装が剥げた!どうしよ。
ま、いいや。人のだし。

そして、筆塗りザク!筆塗りはロマンだ!
オレは筆塗りが上手くなりてーんだ。
筆塗りの神様を祀ってる神社とかねーのかな。初詣いくのに。
なんかポージングが決まっちゃってるのが腹立つ。

という感じのガンプラ元年でした。

まだまだ初心者には違いないが、
さすがに入門者は卒業できたのではないかなと思いたい。

そこでだ!
新年よりブログのタイトルを変えたいと思う!

新タイトルは・・・
「愛と勇気のガンプラEBAVO殺法」
でいこうと思う。

あ、うそ。適当に書いた。
ちゃんと考えるからちょっと待って。

とにかく初心者的なニュアンスの単語をはずした方がいいかな、と。
もし2年も3年も続いたとしてまだ初心者謳ってるとか
千日前商店街の毎日閉店セールやってる店みたいだし。

ま、年内でゆっくり考えるとしよう。

しかし、プラモの道具片づけちゃうとヒマだな。
さて大掃除も終わったしゲームでもすっか。(Hearth Stoneがお気に入り(超マイナー))
[ 2014/12/29 11:43 ] 日記 | TB(0) | CM(5)

これがオレのザクだ!



クリスマスも終わり、世間はすっかり年末ムード。

あ!宝くじ買うの忘れた!
いっぱい欲しいものあったのに・・・。

もし宝くじで7億円当たったら最初に何買うんだろうね。

おれならまず
でかい肉を買ってきて、踊りながら焼きたい。
で、ご近所さんに振る舞う。

こんばんは。EBAVOです。
先日、ラッカーパテを塗りたくったザク。

今回のザクは筆塗りで仕上げようと思っている。
グフ以来の筆塗り。

気楽に色を塗って遊びたいだけなんで
微塵も綺麗に仕上げようと思っていない!
でも、「あ、意外とかっこいいじゃん」となって欲しい期待も捨てきれない。

いや、いかん。こういう欲が思い切りを翳らせてしまう。

何が起きても気にしない。

では、さっそく下塗りをしてみようと思う。
マホガニーでワイルドに塗ってみた。

オーロロロロロォオオオオ!(いつか見た光景)
DSC_0176a.jpg
不吉予感ゲージが一気に駆け上がる容姿。

DSC_0178_2014122718505626a.jpg
なんか干し椎茸の化身みたいになっちゃった。

DSC_0179a.jpg
ケツパーツ一個ハメ忘れているが、オレは気にしない。

まぁまぁ、まだあわてる必要はない。
下塗りだからな!

平田ガンス動画を見て、やってみたかった
パレット的に色を合わせるヤツ。
でも、パレット持ってないので、
またしてもガムテープ。
DSC_0184a.jpg
ガムテープの上に、塗料を置いて、適当に調合し、塗る!
なんかわからんけどテンションあがるな。これ。

塗り分けを気にすることなく、組み上げたプラモデルに色塗るなんて小学生以来のような気がする。
こ、これは楽しい!

夢中で塗り塗り。
小一時間で塗り終わった。早い。
乾いて無くても上から塗り重ね。
乾いてないところ掴んでも気にしない。
ストレスフリー塗り。

で、つや消しスプレーを振りかけ、
エナメル塗料でなんちゃってドライブラシと
なんちゃってウォッシングを施し完成。

では、見ていただこうオレのフリーダムザクを!
コテコテやでー!
DSC_0185_20141227191336937.jpg
できあがり直後なのに、
川原に落ちてるエロ本とタメを張るほどの年季。

DSC_0186.jpg
ケツパーツ付け忘れたままだけどオレは気にしない。
それがオレのアイデンティティ。

DSC_0189_20141227191332db5.jpg
前から気になっていたんだけど、
死ぬほどプロポーション悪いなコイツ。
・・・言っちゃった。

楽しかったけど、仕上がりは・・・
まぁ良いとしよう。
だってやってみたかったんだもん!
[ 2014/12/27 23:50 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(3)

メリークリスマス!

きーよーしー こーのよーるー な~んたら~ か~んたら~ 

メリークリスマス!
そうだよ!クリスマスイブだよ!

ブログの更新をやめて、出かけてる風を装おうか、ギリギリまで考えたけど、
あきらめたよ!

クリスマスだし、いつもの2割り増しでいくぜーーーー!!
ィィィイイイヤッフォオオオオ!!

はぁ・・・
・・・2行もたんかった。

ちなみに今日の晩ご飯はスーパーの寿司。
こんばんは。EBAVOです。

世間はクリスマスで浮かれておるわけだが、オレは妬んだりしない。
オレほどの達人になると心のスイッチのオンオフは自由自在。

では、試しにオンにしてみよう。

ポチっとな。(オン)

ざけんじゃn(ポチ:オフ)

今日も心は平常運転。
気持ちは常に各駅停車。
扉が開いたり閉まったり。

・・・何いってんだ?

ひさびさに、プラモでもいじってみようかなと思い、
ザクを引っ張り出してみた。

2体あるうちのオレの分ね。

師匠のブログとかでもよく見かけた「平田ガンス」という名称。
平田さんが作ったガンスであり、
芸名ではない。注意な

動画をみたのだが、まーこれが、よーもまた簡単にチョイチョイのあらよっと作りはるわけですよ。
これ見たら、
オレにもできんじゃね?
と思うのが、素人のウユニ塩湖ばりの浅知恵。

でも、やらずにはいられない。
組み上げはおわっとるので、塗装の下準備。
なんとラッカーパテを手で塗るらしい・・・まじ?
DSC_0172.jpg
ガムテープを貼った上にこんな感じでひねり出し・・・

指ですくい、塗る!塗る!そして塗る!

DSC_0173.jpg
こ、これでホントに良いのか?

他も行ってみよう。

DSC_0174.jpg
なんか不安がチラリズム。
大丈夫かしら。

DSC_0175.jpg
ストップ・ザ・不法投棄!
どこの産業廃棄物。

やべーな。ピンクザクに続き、着地点の見えない戦い。
オレにとってザクは鬼門なのかもしれない。

指の入らないところは薄め液で希釈して筆で塗ってみるか。

これが終わるとマホガニーで下色を付けて、あとは好きな塗料でワイルドに塗るのみ!
師匠のブログでも紹介されてましたね。
【プラモデルはじめました】Ma.K. マシーネンクリーガー グローサーフント「アルタイル」制作記その2
これ見て、やってみようと思ったわけであります。師匠あざす。

よーし!
クリスマスだし、今日はこれぐらいにして寝るか!
サンタさんがくる前に寝ないと・・・
[ 2014/12/24 22:33 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(4)

撃沈

なんかここ数日、体調が最悪。
寒気がやばい。

こんばんは。EBAVOです。

旅行から帰るなり、なんか体調に違和感があったのだが、
一昨日ついに熱が出てダウン。

風邪なのか疲れなのかはわからんがとりあえず寝て直そう。
と思ったが、はずせない用事があり、出かけてさらに悪化。

もうなんなのさ!

振り返るとたしかに体への負担はハンパではない。
長距離移動、マラソン、温度差などなど色々あったからね。

で、今日の朝起きたら、ちょっとマシになってたので、とりあえずブログ更新。
ながらく、プラモ触ってねーなー。
[ 2014/12/23 07:29 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

ホノルルマラソン【改訂版】

走った直後にマラソンの記事を書いて投稿したのだが、しんどさが先行してしまい、
とてもドライな記事だったのでもう少し掘り下げて書き直してみようと思う。

長くなりそうですまない。
先に謝っとこっと。

【参加の経緯】
この春からジムに通い出した。
夏を迎えた頃、ジムのインストラクターであるKC君からホノルルマラソンの誘いを受ける。
二つ返事で断った。

で、何度か誘いを受け旅行会社の常套句である
とりあえず申し込んで、イヤならいつでもキャンセルできるよ。
に敢えて乗って申し込んじゃう。

そのジムから参加するメンバーで集まり、飲み会とかしてたら参加の方向に気持ちを持って行かれ、
まんまと策略にはまる。
という経緯があった。

参加者は20代から70代と様々。
70代のおばさまの絶対だれでも完走できるよ。の言葉に安堵し、決意。

【マラソンに向けて練習】
基本的にジムに行ったり、家の近所走ったりはしていたが、せいぜい5~7km。
週に3回~4回程度。
マラソンが近くなると週2で10km。週1で15kmに距離をアップ。
でも体重減らないのよね・・・なんで?
酒のせいなのか・・・
一度20km走ってみたが、足がやばかった。そして20km走ったのはこの1回だけ。
練習不足が否めない中、本番に挑むことになる。

【ホノルルマラソンとは】
コースとしてはアラモアナ公園をスタート後、市街地を回りワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッド、ハイウェイと続き、湖を周回して折り返すとてもバリエーションに富んだコース。復路はハイウェイを走行したあと、ダイヤモンドヘッドを越えたカピオラニ公園がゴール。
map.gif
コース的にはアップダウンが激しくマラソンの中でも過酷な部類だそうだ。
しかも天候も過酷で、晴れても雨が降ってもつらいレースになるそうな。

今回は3万人の参加者があり、うち日本人が13000人だったとのこと。
もっと多いかと思ってた。

【そしてレース】

■スタートまで
スタートは朝の5時。
前日に到着したため、決してコンディションが良いとは言えない。
12時就寝。3時起床。3時45分出発。4時、集合とストレッチ。
4時半、スタート地点であるアラモアナ公園前道路に配置。

天候は小雨。ハワイとはいえ、雨に打たれ続けるのは寒い。

スタート地点は自己の基準タイムでエリアが分かれており、速い人ほど前に行く。
オレは一番後ろのエリア(6時間以上だったかな?)を選択し、バナナを食べながら待機。
いよいよスタートの5時。
MCがスタートの空気を盛り上げると、花火が打ち上がる。
大きくどよめくランナー。気分は否応なく高まった。

オレがスタートゲートをくぐるまで20分程かかった。
いよいよスタート。
手にバナナの皮を持ったまま。

■アラモアナ公園前(0km地点)からワイキキビーチ(10km地点)
スタートゲートをくぐるとテンションマックス!
と同時にこれから始まる長い旅路に不安を覚える。
無事にゴールできるんだろうか。

スタートはダイヤモンドヘッドに背を向け、西向きに走る。
町中はクリスマスのイルミネーションに彩られとても華々しい。
走るのを中断し、記念撮影をする人たちもいる。

参加者は多く、まさに人の川。
普段の練習では、7分/kmだが、流れに身を乗せると9分/kmとペースがあがらない。
無理に追い抜くとジグザク走行で距離が増えるし、気を遣う。
オーバーペースで潰れるよりマシなので流れに乗ることに。

時間無制限だけに様々なコスプレランナーがいた。
もんじゃ焼きのマスコット?フル装備のユルキャラが走っている。
まじか・・・すげーな。
もんじゃ焼き食べたこと無いけど、好きになった。

ダースベーター、マリオなどのキャラクターから、
10kgぐらいありそうなブロックを肩に抱えて走ってる外人のオッチャンとか、
バッチリとダンスの衣装に身を包んだ外人カップルなど。
ダンスカップルは向かい合わせに組み合ってダンスの姿勢で歩いている。
そう片方は後ろ向き。無謀すぎ!
でもがんばれ!

ダウンタウンを周回し、8kmほどでスタート地点を再び通過。
ここから東に向きワイキキビーチを目指す。

歩き慣れた道は安心感がある。ホテルが建ち並ぶカラカウア通りを走る。
そしてとても感動したのは沿道の応援。
日本のマラソン応援とは雰囲気が違う。

まずコースを区切ってない。沿道応援とランナーがシームレス。
でお菓子とか配ってる。

もう応援自体がレジャーみたいな感じ。
「Good job!」と声援を送られると元気100倍。
まだ序盤だけど。

ビーチに出た。7時前。1時間半ほど経過している。
この時期のハワイの日の出は意外と遅い。(7時)
なので、ちょうど良いタイミングだったのだが、あいにくの天気で日の出見れず。

ワイキキビーチを抜け、カピオラニ公園に入った。
このあたりでやっと10km。まだまだ元気。

■カピオラニ公園(10km地点)からダイヤモンドヘッド越え(18km地点)
いままでの街並みと違い今度は自然溢れるコース。
公園を抜けると上り坂が始まる。
そう一度目のダイヤモンドヘッド越え。
登山のような急勾配ではないが、延々と続く上り坂は視覚的にもつらい。
そして少し雨が強くなってきた。
歩く人も増え、道幅も極端に狭くなるため思うように走れない。
本来絶景ポイントなんだろうが、天気が悪く海が見えない。

この道は、往路と復路が一緒になっている。
センターラインはテープを持った地元の子ども達。
一生懸命全員に声援を送ってくれる。

前から信じられん!みたいな声援が迫ってくる。
何かと思い対向車線をみると、
先頭ランナーが向こうから来た。
うそだろ!おい!オレまだ、ダイヤモンドヘッド登ってる途中だぞ!

子ども達にハイタッチしながらダイヤモンドヘッドを抜けた。
現在18km。ちょっと足への負担が来た。やばいな。

■ハイウェイ入り口(18km地点)から折り返し(26km地点)
ダイヤモンドヘッドを越え、住宅街を抜けるとハイウェイへ入る。

たしかハイウェイに入る前だったと思うが、俳優の谷原章介さんが沿道応援できていた。
番組の撮影のようだ。前方で黄色い声援が飛び交っている。
おぉ!芸能人や!
田舎モノなので、ハイタッチ。

ハイウェイにはいると5.5kmほどひたすらまっすぐ。
ここまで来ると2時間台のランナーで復路もにぎわっている。
ハイウェイと言っても、日本と違い沿道に普通に家がある。
復路の同じジムのウェアを着たランナーがこちらに声を掛けてくれる。
これがとても励みになる。
沿道にもジムスタッフが応援に来ており、ウェアを見つけると大歓声で応援してくれた。

地元の人の応援もバリエーションが豊富で見ていておもしろい。
テント張ってバンド演奏してる応援とか、バーベキューしながら家族で応援とか、
手作りのお菓子をくばったりなどなど、のどかな風景。

そして自身未踏の20km越え。
足がやばい。
まだ半分だぞ!おい!
この時点で3時間。

まず足先のむくみ。靴の中がパンパンだ。
そして濡れて靴が重いし、気持ち悪い。
太ももの筋肉が痛い。
幸い間接はまだ大丈夫なようだ。

よし、とりあえずまだいけそうだ。がんばろう。

ハイウェイを抜けると復路と別れ、往路の単独走行。
ここから湖を回るコースにはいる。

湖の一番遠い地点26kmにやっと差し掛かった。
ここから復路にはいる。・・・遠い。

■折り返し地点(26km)からハイウェイ復路(36km地点)
ここに来て、足の痛みがきつくなってきた。
ついに歩行。
ダースベイダーに抜かれて心が折れた。

しかし歩くと痛みが際だつ。
もはや下半身に痛くないところがない。
間接もやばくなってきた。
特に足先と腰がやばい。

でも根性!走る!
走ると不思議と間接の痛みはマシになる。
このあたりからはもう痛みと疲労との戦い。

足がパンパンでしゃがむことすら出来ない。
他のランナーも同じなのだろう。沿道のあちこちでストレッチしている。

30kmを迎えたときに約4時間半。
このペースで行けば6時間切りいけるか!?
と思い、ひたすら走った。

先ほどとは逆で往路と合流。

こんどは声援を送る側に。
オレより遅いんで、かなりのんびり。
でも、けっこう疲れ果てている。

さっきは励まされて元気をもらったので、今度はオレの番。
オレも空元気で声援を送る。
お互いに手を振り分かれる。それを何度も繰り返した。

32kmを越えたぐらいで、
残り10km!あとはカウントダウン!
と言い聞かせ、走ったり歩いたり。

もう限界はとうに超えている。
歩いても走っても激痛。
優しく誰かにもうやめて良いよ、って言われたら絶対やめてしまうレベル。
だましだまし走り、痛みのことを考えないことにした。

しかし35km地点でそれも限界を迎えた。
走るどころか速く歩くことも出来ない。
一歩を踏み出すのさえ苦痛。
このとき経過時間は、5時間をゆうに超えている。

それでも、歩かないと進まない。
引きずるように歩きながら、ハイウェイを降り、住宅街に突入。
残り6km。

■ダイヤモンドヘッド(36km地点)からカピオラニ公園(ゴール42.195km)
この極限状態で
ダイヤモンドヘッドが立ちふさがる。
ここから地獄の二度目のダイヤモンドヘッド越え。

上り坂を見て、呆然と立ちつくす。

ゴールが近づくほど精神的に落ち着くかと思いきや、
近づくほどに苦痛が凝縮される。

回りのランナーの疲労感もハンパではないのが伝わってくる。
走るのをあきらめ、歩きに切り替わる人が徐々に増える。

1kmが本当に長い。
途中何度も休んだ。
座るまいと思ったが座ってしまった。
やばい・・・立てない。

もう少しだから、と自分に言い聞かせ、足を自分でマッサージし、立ち上がる。

そんなことを繰り返し、残り2km。
ダイヤモンドヘッドを何とか越えた。

こんな状態でも意地はあるもんで、ゴールは走って入りたい。と思った。
残り1kmは絶対に走りきろうとこのとき決めた。

41kmの看板の横を通過すると同時に、走った。
大激痛。
でも、これさえ走りきれば終われる。

道が左に折れている。
曲がる。
フィニッシュゲートが見えた。
しかし遠い。絶望的にはるか前方。

最後のストレートにはたくさんの観客がおり、ランナーひとりひとりに声援をくれる。
このときはホント泣きそうになった。

フィニッシュゲートから目を離さず、近づいてくるのを確かめながら走った。

もうちょっと・・・。もうちょっと・・・。

そしてゴール。
6時間38分。完走。
手をつないでみんなでゴールする人や、感極まって泣きながらゴールする人など思い思いのゴール。
特に早いタイムでゴールしたわけでもないが、あの苦労を越えてのゴールはひどく感慨深い。

もう歩くことすらままならないが、座り込むと立てる気がしない。
必死でジムのメンバーのいるテントに向かった。

テントで先に走り終えたメンバーが迎えてくれた。

そして、テントで腰を下ろそうとしたがしゃがめない。
転けるように寝そべると、オレよりはるかに早く走り終えたKCがカレーを持ってきてくれた。
これだけボロボロになっても、体はエネルギーを求めていたのか、30秒で平らげた。

靴を脱ぐと両足の皮がむけてボロボロだった。
自分の足だけどご苦労さんと言ってやりたい。

そして安堵したのか、そのまま眠ってしまった。

ホノルルマラソンが終わった。 -完-

という、初挑戦のホノルルマラソンの話でした。
長いのに最後まで読んでくれてありがとう。
特に笑いもなく、申し訳ない。
[ 2014/12/19 23:50 ] 旅行記 | TB(0) | CM(6)

たっだいまー

さきほど、帰宅のEBAVOです。こんばんは。

いやー飛行機長い。9時間半ぐらいかかった。
寝れなくて映画3本見た。(ガーディアンオブギャラクシー・ニンジャタートルズ・テルマエロマエ2)

さて、巻き戻って朝。

昨日、ダイヤモンドヘッドからの朝日を見るためKCと5時起きの約束を固く交わし就寝。
目が覚めると9時だった。
やっぱりね。そんなもんだよね。

出発の集合が10時30分。
最後にワイキキに行くワンチャンス!単独で外出。
泊まっているホテルはヨットハーバーの近くのヒルトンなのでワイキキまでは2キロほどあり、バスで行かなくてはならない。
しかし一向にバス停にバスが来ない。
タイムアップ!
何もせず終わった・・・。さすがハワイ・・・のんびりだぜ。

部屋に戻るとKCいない。

最終の荷物をまとめて、待っていたが戻ってこない。
もう10時20分。
10時25分。帰ってきた。ビーチに行ってたらしい。
そっからシャワーと荷物まとめ。どう考えても間に合わない。
先に行って、もうすぐ来ると言っておくから、急いでこい、と言って集合地点へ。

少し時間に余裕があったので、なんとかKC合流。

そっから車で空港へ。
で、チェックイン。

荷物の重量を量る計量器があり、ガイドのオッチャンが先に計った方がいいよとのこと。
50ポンドを超えると、50ドルの追加料金がかかる。
そういやそんなのあったね。

オレ=48ポンド セーフ!
KC=66ポンド 大きくアウト!
そう。昨日アホみたいにドンキで買ってきた大量の缶のエナジードリンクが原因。
どうすんだよ!

もうここで全部飲め!

他のメンバーは全員チェックインを済ませたが、俺たちだけまだ入れない。
で、ガイドのオッチャンも心配してくれて、見に来てくれた。
預ける荷物は2つまでいけて、それぞれが50ポンドならOKとのこと。

あわてて、別の大きめの鞄に荷物を移し、調整開始。

荷物を移しては計り、計っては移しを繰り返すが、どうにもうまく行かない。
なんで、瓶のビールとか入ってんだよ!捨ててこいよ!

布のバックに箱詰めした缶飲料をぶっこみ、ムリヤリ調整。
しかし、これ運搬の途中で炸裂するんじゃね?

なんとか数字的には整った。
いざチェックイン。

受付のおねえさんに、これ危ないよ?と言われる。
そりゃそうだ・・・。運搬途中に、放り投げられたら間違いなく炸裂。炭酸だし。

おねえさんも困り果てて、もう重量オーバーでも良いからまとめてちょうだいとのこと。
そっから再梱包。・・・終わらない戦い。

また並び直し、やっとチェックイン。
どんだけ手間のかかるヤツなんだこいつは。

で、待ち時間にまたハンバーガーを食い、ついに飛行機へ搭乗。
日本への帰路についた。
DSC_0112.jpg

帰りは景気よく寝るぞーと思ったが、眠れなくて映画三昧。
ケツが痛い。

そして日本寒い。
上着はかさばるので持ってきていない。
DSC_0115.jpg

震えながら、電車に乗り、家に着くなり風呂に入った。
日本サイコー。
旅行に行くたび帰るとこう思う。
旅行ってこの再確認のためのモノかもしれないね。

でも、また見知らぬ土地に出かけてみたい。

-ハワイ編完-

■まとめ
DSC_0092.jpg
初挑戦のフルマラソン。しかもホノルルマラソン。
きつい。超絶きつい。晴れても地獄、雨降っても地獄。
軋む間接。引きつる筋肉。それでも大勢の参加者がいる。
なんでもそうだけど、やってみることが大事なのだ!
とても良い経験と思い出になった。

DSC_0701.jpg
マラソンは素人なので、景色を楽しんだり、タイムを競ったり出来る余裕は全くなかったが、これでいいのだ。
もう一回やるか?と聞かれれば、今はやりたくないというのが本音。
でも、直後よりは今の方が再挑戦してもいいかな指数は上がっている。
だから、1年後再挑戦しているかもしれない。

DSC_0695.jpg
ハワイは今回で3回目。旅の相棒はとても大事。
今回はプライベートで出かけるのは初めてのKC君。
まだまだ世慣れしていないが、勢いがあり、楽しめる相棒であったと思う。
オレも若いときはあんな感じだったかもしれないね。
これから彼とどんな付き合いになるのか楽しみだ。

さてさて、次はどこに行こうかな。
楽しみである。

■オマケの写真
DSC_0061.jpg

DSC_0068.jpg

DSC_0098.jpg

DSC_0108.jpg

DSC_0089.jpg

あ、そういえば小島瑠璃子と谷原章介を見た。
来年の1月12日(成人の日)朝9時55分からTBSで放送の番組撮影だったみたい。
第42回 JAL ホノルルマラソン

小島瑠璃子さんはゼッケン交換所で撮影しているところに遭遇。
谷原章介さんはダイヤモンドヘッド越えたあたりだったかな?で沿道応援に来てはった。
どさくさに紛れてハイタッチしてもらった。ミーハー。

では、明日よりプラモブログに戻る!よろしく~。
[ 2014/12/18 23:45 ] 旅行記 | TB(0) | CM(6)

KC無双

こんばんは。EBAVOです。
今回写真無いです。すみません。
何にも撮れなくて…。

さて、ハワイ四日目。

その前に…。
昨夜、KCがストリップにいった話しをしたが、
出かけるときに一緒に降りて、オレは喫煙所にタバコを吸いに行った。

そのとき、黒猫が前を横切った。
なんとなく、ホントになんとなくオレではなくKCに不運が訪れると直感した。

で翌朝6時。
スカイダイビングに行くKCをたたき起こしオレは二度寝。
10時に起き、快晴のビーチで二時間ほど過ごしてから、みやげでも買いに行こうと外に向かって歩いていると、帰り道のKCと偶然鉢合わせた。

どうだった?と聞くとまさかの
強風のため中止。まじか。
黒猫パワー炸裂。

飯でも食いに行くか?と誘うとビーチに行きたいという。
いま散々焼いたとこだし!

というわけで別行動。
三時に部屋で集合する約束をし、別れた。

買い物を終え、部屋に帰り、さてどうしよう?という話をしていると
ワイケレアウトレットに行きたい!とのこと。

オレは知っている。
ワイケレアウトレットがめちゃ遠いことを。
あんなとこ今からいったらそれで一日が終わる。
それにブランドにあんまり興味ないし…。

時間かかるしやめよう、と言っても聞く耳がないので、また別行動。

でKC単独で出掛ける。

オレは部屋でのんびり過ごしていた。
内線が鳴る。
KCだった。

バスがもうないらしい。あほか。
あんなとこ事前に行く気満々の人が行くとこだろうよ!

タクシーで行かないかという誘い。
60ドルほどかかるらしい。
一人で負担するのはかわいそうなので付き合うことにした。

ホテルの前でタクシーに乗り込んだ。
運転手はコリアンのオバチャン。
気のいいオバチャンだったので良かった。

フリーウェイに上がるころKC寝てしもた。
そっからはオレの怪しい英語 vs オバチャンの怪しい日本語対決。

しばらく走ると大渋滞。
30分の道のりが90分かかった。
やはり呪われている。

タクシー代90ドル…。チーン。
アウトレット行く意味ねー!

このとき、5時30分。
帰りもタクシーとか阿修羅過ぎるのでバスで帰ろうということに。
最終バスは6時30分らしい。
どんなスケジュール…。

愚痴っても始まらんので、早速買い物。
待ち合わせの時間だけ決めて解散。

せっかくきたし手ぶらで帰るわけにはいかん!
アメリカンブランドが中心のアウトレットで確かに安い。
50%~70%offぐらいの感じ。

いつも使ってるカバンがぼろくなってきたので、良い機会だし買い換えよう。
適当に見繕い、次のターゲットロックオン!
店に入るとまず、その辺のを試着。
メーカーのサイズ感覚えて後は試着なし購入という、ハイスピードショッピング。

一応、グルッと周り何点か買い物し、時間に間に合った。

KCと合流。
一個しか買ってないらしい。
なにしにきたんだ、君。

しかし、帰りの足を確保しなければならない。
どうしよう…。
まだ呪いは続いているのか!

おれ、足探してくるから買い物してていいよとKCに告げ、調査開始。

周囲を見渡すと、日本人とおぼしき一団がいる。
聞いてみよう。
名古屋から来たというオジサンに聞いてみた。

どうもツアーできている様子。
往復で10ドルらしい。まじか。

帰りだけ乗せてもらえんもんですかねー?みたいな話をすると、
そこにいる黒人さんが案内の人だよ。交渉してみたら?とおしえてくれた。

適当な英語で乗りたい旨を説明すると
片道だけでも10ドルかかるけどそれでもいいなら。とのこと。
もちオッケー!!

帰り道30分。何だったんだ往路。
午後8時にはワイキキに着いた。

ショッピングセンターで飯(また肉)を食べた後、
88teesというTシャツ屋さんに行きたいという。
俺は帰る!!勝手に行ってこい。

バス停が近くだったので店まで行ってみた。
いい感じの店だったのでついつい入店。

何枚か買ってしまった…。

KCまだ決めれない。
おせーよ!
決断力のない奴だ。オレ先帰る。

こいつきっと、女と旅行行くと振られるタイプだな…。

で、先に部屋に帰り、ブログを書いてたが、
一向に帰ってこない。
もう三時間ぐらい経ってる。(12時過ぎてる)

原住民に襲われてんじゃなかろうかと、思った矢先、
ドン・キホーテの袋をアホほど提げてかえってきた。
チミどこいってたの?

バスでドンキにお土産を買いに行ったはいいが、帰り道バスがなく、
歩いて帰ってきたそうな…。
しかもお土産持って帰るのメンドくさいトップテンに入る液体モノ。
因みにレッドブルとモンスターエナジーのデカい缶が6つ。こいつ…大丈夫か。

翌日の朝、出発のためそっから荷造り。現在午前12時30分。
ちなみにオレは部屋に戻るなり速攻荷造りしたので、もう安心。

で、うだうだとしゃべったりしながら荷造りしてたら3時回ってた。

翌早朝、ダイヤモンドヘッドから朝日を見に行こう。ということになり、就寝した。
5時起きなんだけど・・・。
[ 2014/12/17 23:00 ] 旅行記 | TB(0) | CM(2)

マラソン翌日

マラソンあけて翌日…。

前日は早く寝たので7時に起床できた。
足が棒だった。

マジ痛い。

同室の奴は遅くまで他室のメンバーと飲んでいたらしく爆睡していた。

散歩に出かけ、構内にあるスタバでコーヒーを買い、
部屋で残り物のサンドイッチと一緒に朝食をすませた。

9時に起きれた他のメンバーといっしょに近所の公園でヨガとストレッチで体をほぐす。
てか体が動かない。
全員ゾンビ状態。

町行く人もゾンビ。

外は昨日と打って変わって超快晴。


この公園には縁結びの木があるそうな。

葉っぱがハートの形だからなんだってさ。

そんなのこじつけだ!

で、みんなでアラモアナショッピングセンターまで歩いて出かけ昼食。
まだ10時。
さっき朝飯食ったとこなのに…。

しかし俺は食う!
プライムリブのプレートをチョイス。
なかなかのボリューム。
12ドルだった。高いよね。円安だし。

うまいんだけどなー。味が濃い。
口が休まらない。

で、部屋に戻ると相方まだ寝てる。
たたき起こす。

このまま一日終わるともったねーぞ!

なんかスカイダイビングの予約がうまくいかないらしく悩んでいる。
ちなみに彼は20代前半の若人。
仮にKCとしておこう。

KCは若者らしくあまり計画性がない。

俺はダイビングやらんけど、手続きにあちこち付き合ってやった。
途中から俺がダイビングすんの?ぐらいにいつの間にか入れ替わっとる。

あんまり長いんで見捨てて一人でビーチで日光浴してたが、
KCの呪いにより雨が降り始める。

部屋に戻るとなんとか手続きはうまくいったらしく、
マラソンのゴール地点だったカピオラニ公園に完走証明書をもらいに行こうということに。

5時までらしいが、今4時半。

そして、バスに乗り間違えバスの中でタイムアップ。

おれは、証明書別に欲しくなかったけどKCはこだわっていたので、
とりあえず公園に行った。

もう6時だけど。
もちろん誰もいない。

こんどは腹減った連呼タイム。
貴様が寝とるからだろうが!

ロイヤルハワイアンセンターのフードコートでロコモコを食う。

でかい。

KCはなんかチキンカツ食べてたけど、そんなもんどこにでもあるやん。

お互い食べ終わった頃、KCはこう言った。

肉食いたいっすねー!
いまのなに?おやつ?

そっからホテルの近所にあるOUTBACKへ…。
まさかの肉はしご。

オレ朝から肉しかくってねー!

でステーキ食った。

固かった。いかにもアメリカンステーキ。

ま、肉々しくていいけどね。

KCも満足したようなので、部屋に帰る。

夜はこれからっすよー!!
といいながら寝るKC。

で、小一時間したところでむくりと起き上がり
ストリップいきません?と…。
寝てる間に何があったんや!

オレが眠いわ!

友達を呼び出し二人で夜の町に消えていった。←いまここ(2時半)

あいつ…明日の朝スカイダイビングなんだぜ
[ 2014/12/16 21:31 ] 旅行記 | TB(0) | CM(3)

時限投稿シリーズ(4)

たぶん今オレはハワイで酒飲みまくってると予想。

こんばんは。EBAVOです。

オカン伝説(その4)

さて、オカン伝説ももう4回目。

一気に書くとネタに困るね。
いっぱいあるんだろうけど、思い出せん。

ウチのオカンももう60歳を余裕で超えているが、なぜか
モンストにはまっている。
地味に続けて、ランクがついにオレを超えたらしい。(ランク110越え)

で、フレンドの中に「しんちゃん」って人がいるらしく「神化坂本竜馬」で固定しているそうな。(知らん人すまん)
クエストに出かけるときは必ず「しんちゃん」を連れて行き、「しんちゃん」と苦楽を共にしすぎたせいで
いつか「しんちゃん」に直接お礼を言いたい。
と、割とマジで言っていた。
向こうは全然あんたのこと知らんから。

そんなオカン。

で、子どもの頃なのだが、各家庭には、子どものしかり方があると思う。
ウチの家のしかり方の話。

悪さをすると、尻をひっぱたかれたり、押入に閉じこめられたりとバリエーション豊富なジャンルだと思うが、
ウチの家はショッカーに電話されるという衝撃の方法。

悪さをしてどうも反省がないと、見るやいなや受話器をあげ、
「言うこと聞かないとショッカーさんに電話して来てもらうよ!」
と恐怖の宣言。

びぇぇええええ!それだけはー!それだけはー!
みたいな感じにオレはなるらしい。

で、悪のりして、相手のいない電話に話しかけるオカン。
「もしもし、ショッカーさんですか?ウチに言うことを聞かない子どもがいるんで、連れて行って欲しいんですが・・・はい、はい。住所は○○です。」
とか妙にリアリティ溢れる演技を挟む。

オレの恐怖マックス。
もーせーへんからぁぁあああー!うわあぁっぁあああああん!

と、なって反省すると、また受話器をあげ、
「さっきの電話ですけど、やっぱりやめておきます」
とキャンセルの電話をちゃんと入れる。

これが信じられないくらい何度も通用したらしい。
オレ子どもの頃からアホだったのね。

しかし、ショッカーええヤツやな・・・。
[ 2014/12/16 21:00 ] オカン伝説 | TB(0) | CM(3)

ホノルルマラソン

こんばんは。EBAVO in Hawaii.

部屋でWi-Fiが繋がったので更新に挑戦してみようと思う。
現在、夜の9時過ぎ。

ちなみに今日の昼にマラソン終わったばかり。
20141215160721cd6.jpg
爆睡する同居人。
てか、携帯で撮った写真のアップ仕方わかんない…。
字だけですまんが、マラソンの感想など。

さて、マラソン初挑戦の感想を率直に言うと
死ぬかと思った。が最適。

12時30分就寝。なかなか寝付けない。
現地時間、午前2時30分起床。
朝飯を食べ、集合地点に4時に行く。

ストレッチなど準備体操をし、4時30分スタート地点に向けて移動開始。
スタート地点の人間の数が尋常じゃない。
7割方日本人だと思われる。

天候は雨。寒い。
走る前からボショボショ。

目標タイムが遅いほどスタートはうしろになる。
というわけでほぼ最後尾。

5時。いよいよスタート。
MCのアナウンスで盛り上げ、花火が打ちあがる。

先頭が出発してから20分ほどで、やっとスタートゲートをくぐることができた。
これをくぐるとタイムの測定が開始される。

スタート直後から歩いてる人が多い。
大丈夫かよー。そのペースでいつ着くんだ?
他人事ながら心配になる。

人が多く、まるで川のよう。
自分のペースで走ることができない。
まわりに合わせて走っていると、キロ9分ペースだった。

一度、西に向かい、ぐるっと回り込み、東に進路を変えスタート地点付近を通過する。
この時点で8キロ。

大通りを東に向かいワイキキビーチを右手にダイヤモンドヘッドを目指す。
まだ10キロ。まだまだ先は長い。この時点で1時間30分。
無理のないペースだが、遅い。

しかしペースをあげることもできず、流れに乗って走った。

そして地獄の関門ダイヤモンドヘッド越え。
この区間が7キロほど続く。
道幅も狭く、歩く人も多いのでさらにペースが落ちる。

オレが12キロ地点の時、先頭とすれ違った!
は、はえー!!
嘘だろ?こっちは今から本番なのにもう終わりかけって…。
スピードもむちゃくちゃ速い。おれのぜん力疾走よりはやいかもしれん。

なんとかダイヤモンドヘッドを越えると次はハイウェイコース。
折り返してきた選手とすれ違いながらの走行。
一体、どこが折り返しなんだ?どこまで行っても先が見えない。
そして激しい雨と風。
雨で靴が重い。中もぐしょぐしょ。

20キロを超えた。未知の領域。
ここで3時間。
下半身で痛くないところがすでにない。

ようやく、折り返しポイント。
といっても、ちっさい湖を一周するロングな折り返し。
初めて歩いた。しかし歩くと痛みがひどい。
泣く泣く走る。

ハイウェイ復路。
また雨と風。靴の中がどうなってるのか確認するのが怖いぐらい痛い。

ようやく30キロ地点。
スタートから4時間30分。

残り12キロ!ようやく雨が上がる。
自分の体と心を切り離さないともう走れない。
痛いと思うと足が止まる。
痛いけど、まだ止まるほどじゃないよね?体君。
と心の中で体に話しかけながら走る

このペースなら6時間切りもいけるかとおもったが、
しかし!35キロでついにブレーキ!

しかもここから、ダイヤモンドヘッドを再度超えなければならない。
上り坂をみてついに心がおれた。

歩くと1キロが異様に長い。
残り7キロに1時間40分もかかった。

せめて、ゴールは走って入りたい。
最後の1キロは命からがら走った。

そしてゴール!!
やった…やっと終わった…。
もう歩くのもままならない。

結果、タイムは6時間38分。
6時間切りたかった…。
無残なマラソン初挑戦だったが、いい経験だったと思う。
もうしたくないけど。

てわけで、マラソンに初挑戦しようと思ってる方は覚悟した方がいい。
[ 2014/12/16 02:23 ] 旅行記 | TB(0) | CM(4)

時限投稿シリーズ(3)

今オレは走り終わって死んでいるのであろうか・・・。

ともあれ、こんばんは。EBAVOです。

オカン伝説(その3)

オカン伝説も3回目。
始めて読む人のためにどんなオカンか紹介しよう。

ウチのオカンはどうもカタカナに弱いらしい。
最近見かけんが、以前、韓国人タレントの「ユンソナ」がテレビに出演し始めた頃、
「コンソメ」
と奇跡の読み間違いを犯してしまうような人物。(いや、ほんまに)

で、だいぶ前なのだが、そのとき付き合ってた彼女と食事に出かけようということになり、
その店のチラシを家の机の上に置いていた。

店の名前は「ロスカーロ」。

で、飯を食いに行ってくると告げると
いいわねぇ、トンカツ。と言われた。

・・・トンカツぅ?

ちなみにイタリアンのお店。
なぜトンカツだと思ったのか。

詳しく聞いてみた。
どうやら、「ロスカ」+「ーロ」となり、
「ロスカ」からロースカツ を連想し、
「ーロ」をひとくち と解釈。

脳内で「ひとくちロースカツ」に変換された模様。
もはや天才。

むしろトンカツを食べたくなってきてしまったのをよく覚えている。
[ 2014/12/15 21:00 ] オカン伝説 | TB(0) | CM(0)

時限投稿シリーズ(2)

オレ、今走ってるのかな?終わってんのか?
わからんが、こんばんは。EBAVOです。

オカン伝説(その2)

オカンの伝説、2つ目を聞いて欲しい。

ちなみになんのこっちゃわからない人のためにどういうオカンか紹介しよう。

小学生時代よりウチの家は友だちの出入りが激しかった。
高校になるとオレがいなくても友だちが家に上がり込み、オカンと談笑している。
オレが友だちと家で遊んでいるときに白々しくお菓子などを運び入れ、座り込んで話しかけてくる。

しかし、何度かすると飽きるらしい。

ある日、テレビの上に、お菓子の盛り合わせが積んであった。
その横には小箱が置いてあり、こう書いてある。

1個100円 と

そんなオカン。

今回はオカンのセキュリティへの関心の高さを紹介したい。

ウチのオカン防犯へ突如目覚める。
数年前の話だが、家の裏側にある掃き出し窓のクレセント錠がすべてナンバーロック式に変わっていた。

まぁ、通常のクレセント錠ではドライバーでコツンと窓を割られただけで侵入されてしまうし、いいんじゃね?と思っていた。

オカンの防犯への欲望はそれだけに収まらず、
ガラスが割れ落ちないようにする窓に貼る防犯フィルターを買ってきた。

1枚3000円ぐらいした。
と息巻いている。ちなみに2枚購入。

オレが出かけている間に貼り付けていたようだ。

で、翌朝、オカンが何度貼っても落ちてくる。不良品だ。とこぼしていた。

貼っても少しすると落ちてるので、そっとしないとダメだとか、言ってるが。
オレじゃなく泥棒に言え。
窓に触ったら落ちる防犯シートってどんな意味あんだよ。

なんかおかしいと思って、よくよく調べてみたら、
一生懸命、台紙を貼っていた。
くっつくはずもなし。

本体は丸まってゴミ箱の中。
6000円木っ端ミジンコ。
[ 2014/12/14 21:00 ] オカン伝説 | TB(0) | CM(3)

時限投稿シリーズ(1)



おそらく今オレは空港に向かっている途中。
こんな事せんでも、ハワイにwifiあるんじゃ・・・とか気づいたが、あとの祭り。

こんばんは。EBAVOです。

というわけで、時限投稿ネタシリーズ!
オカン伝説!と題してお届けしたい。

誰の家でもそうだと思うが、オカンにまつわるおもしろエピソードと言うのは良く聞く話。
もれなく我が家でもそうだが、その中でもEBAVO母の破壊力の高い物を紹介しようと思う。

では、聞いて欲しい。

オカン伝説(その1)

ウチのオカンはなかなかの曲者である。
大阪のオバハン的なパワフルな感じではなく、なんか一本抜けた感じなのである。

聞いたところによると、オカンが幼少の頃、支柱がY字の鉄棒で“こうもり”(鉄棒を後ろ手に持ち、地面を蹴り両膝裏を鉄棒にかけてぶら下がる技)をしようとして、当たり前だが乗っかってるだけの鉄棒がはずれ、後ろ手に鉄棒を持ったまま勢いよく前方に飛び出し、脳天痛打、出血という「そりゃそうだろ」的な話には、枚挙の暇もない。

あれは、オレがまだ学生の頃である。
オレはバイクを買った。YAMAHAのR1-Z(250cc)である。
それまで使っていた原付をオカンが欲しいというので譲ることにした。

しかしオカンは筋金入りのペーパードライバー。
ドライバーという言葉を付けるのもおこがましい。もうペーパーでいい。

免許交付の初日に、借りた車を田んぼに落下させたうえ、
放置したまま、徒歩で帰宅したいう逸話を持つ。

そのトラウマにより、車を運転していないそうだ。
というより、車を貸してくれた人のトラウマが心配だが。

そんなオカンに原付をあずけるのはいささか不安であるので、
日も暮れてから家の前で運転をレクチャーしてやることにした。

センタースタンドを立て、キックスタート。※エンジン始動をキックペダルを蹴り下げることで行う。
エンジン始動を確認、センタースタンドをはずし、またがる。
アクセルを回すと走る。

これだけだ。
一度、やってみせてから、エンジンを停止し、オカンに原付を渡した。

少々手間取ったが、エンジンスタート。センタースタンドをはずし、またがった。

ゆっくりアクセルを回すんだぞ!ゆっくりだぞ!
オレの忠告に従い、おそるおそるアクセルを回すオカン。じりじりと進み出す原付。

で、このとき何を血迷ったのか、
原付から降りた。

低速とはいえ進もうとする原付。
それを腕力で止めようとするオカン。
当然敵うはずもなし。

必至で止めようとし、腰を落としたことでさらにアクセルが回りエンジンが唸る。
ブレーキ!ブレーキ!
もう俺の声は聞こえていない。

エンジン音の唸るバイクに引きずられ遠のいていく。
腰を落とせば落とすほど回るアクセル。

そしてついに限界を迎え、手を離したことで、
ウィリー状態の無人原付が家につっこんだ。
扉が下半分、木っ端ミジンコ。

玄関先に原付が横たわる異空間。

なぜかオカンが逆ギレし、
もう原付には乗らん!
といいのこし、そのままスタスタと家の中に入っていった。

オレはやりきれないまま、原付を外に出し、扉はどうすりゃええんだ?
と考えたりしたが、めんどくさいので、そのまま寝た。

朝起きると、扉の下半分にゴミ袋が貼られていた。
そしていつものように、みんなそれぞれ出かけた・・・。

平和な時代だった。
[ 2014/12/13 21:00 ] オカン伝説 | TB(0) | CM(0)

アロハ・オエ

突然ですが、明日よりハワイに行ってきます。
12/13(土)~12/18(木)
hnl_beach01w472.jpg

アロハ。EBAVOです。

なんとフルマラソン初挑戦。
そう!ホノルルマラソン!
たぶん死んじゃう。
練習で20km走ったみたが、命からがらだった。
あれの倍以上とか無理。

しかも到着した翌日の早朝スタートとか、どこの国の軍隊の訓練なのか。

でさ、
旅に出ている間、オレがいなくてみんな寂しいと思うんだ。
ね?

(・・・静寂)

その間、時限式に毎日記事が出るようにしとこうと思ってさ。
だからさ・・・オレのこと忘れないで・・・

ちなみにプラモ全然関係ない!
旅行の顛末は帰ってからまた記事にしよーっと。

やべぇ、なんにも旅行の準備してねぇ・・・。
さ、荷造りしよっと。

そういえばザクがちょっとかっこよく見えてきた。
DSC_0665.jpg
たぶんずっと見てるから脳がおかしくなってきたのか・・・。
[ 2014/12/12 21:00 ] 旅行記 | TB(0) | CM(6)

小宇宙(コスモ)

名探偵コンナン!どんな事件も迷宮入り!
いやーすっきり。

ついに謎が解けた。

みんな気を付けて!!
DSC_0639.jpg
これはスパチュラだよ。スパキュラじゃないよ!

いやー面目ない。
オレが道具の名前を間違ってたの、引っ張りすぎて勘違いして事が大きくなってしまった。

こんだけ、みんなでムンムンしてたら、そりゃ師匠も言い出しにくかったはず・・・。
申し訳なし。
ともあれ、スッキリして良かったね。

こんばんは。EBAVOです。
振り返ってみると勘違い回答を延々解説してたのが一番恥ずかしいわ!

というわけで、ザクも塗装に進み、なんとなく終着点が見えかけたわけだが・・・。

本体のマットキャンディ塗装に挑戦。

気を付けなければならないのは
下地をしっかり磨く→黒の下地塗り→シルバー重ねる→クリアーオレンジを厚めに塗る→つや消し
という感じだろうか。

で、やってみたわけだが。
ぶっちゃけ結果はまぁまぁうまくいったと思う。

塗装を終えたので、まぁみていただきたい。

まず頭。
DSC_0660.jpg
ふむふむ、まぁイメージどおりかな。

次に腕と武器。
DSC_0659.jpg
色を交互に入れてみた。
まぁいいんじゃないかと。

次に足。
DSC_0662.jpg
元々の黒パーツを濃いブルーにしてみた。
締まった感じで良いと思うんだ。

で、体なんだけど・・・
DSC_0663.jpg
完全に聖衣。
何座?おまえ何座の聖闘士なの?

もう色がゴージャスすぎてピンクと合わないのが組む前からわかる。
免許取り立ての女子高生がベントレー乗ってるぐらいの違和感。

ま、しかし・・・組んでみるか。
気は進まんが。
DSC_0664.jpg

なんだろう・・・この感じ。
だめだ。おれ、もう・・・
直視できない。
全力投球で壁にたたきつけたい!

ど、ど、どうしよう。

でも、
マットキャンディは良い色です。
こいつに罪はない。
[ 2014/12/11 20:13 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(4)

桃色吐息

なんですってー!!

前回記事の予想回答
自信満々ではずす。
はずかしぃー!穴があったらインサートしたい!
ドヤ顔で書いた記事だったのに・・・。

こんばんは。間違い探しクイズが苦手なEBAVOです。

師匠の回答が気になるところだが、思った以上の騒動になり、
師匠も言い出しにくい様子。
みんなそっとしてあげて。

今回はザクの塗装だー!

今回は白サフを使ってみよう。
まずは緑をリセット!
慎重に三度塗り。

軽く、軽ーく、強くっ!!(くわっ)

ま、なんて事はなく終わったので次。ピンク部分。

ポップな中にもクラシカルでオーセンティックなフレーバーをパッションするピンクがアイウォンチュー。

つや消しホワイト+モンザレッド+オレンジ

適当に混ぜた・・・ふむふむこうなるのか。
いいじゃん!これはなかなか期待できる。

塗ってみた。
やはり色のノリがあまり良くないので三度塗り。

軽くぅ~・・・やさしくぅ~・・・強くっ!!!(くわわっ!)

という感じで塗ってみたのだが・・・
DSC_0653.jpg
これ・・・シャアザクだよね。

いかん・・・オレとしたことが。一周回って市販品にしてしまうとは。
スパイスから作ったカレーが二段熟カレーに酷似していたような衝撃。

んなことならシャアザク買やーよかったな・・・。
角ある方がかっこいいし。

よくよく考えたら、ピンクのザク作ろうと思ったら、そういう選択肢、最初に思いつくわな・・・。

まんまとバンダイにしてやられた!
だがこのEBAVO、ただではやられん!

蛍光ピンク投入。
ピンクの上に蛍光ピンクを塗るとどうなるのか?

気になるよね?気になるよね?
オレはなる!
だから塗っちゃう。
DSC_0654.jpg
おぅふ。驚異の発色。
エアブラシの吹きつけがサワワァ~って触れるだけで色が乗る。

DSC_0656.jpg
超ショッキングピンク。

これぐらいのインパクトはきっと必要。
いじくりまわすとスタンダードを見失う良い例。
[ 2014/12/10 23:50 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(7)

真実はいつもひとつ!ないしふたつ!

先日の記事へのphantom師匠からのコメントが気になってしょうがない。

【phantom師匠コメント抜粋】
>あまりに面白くて ちょっとナイショにしておきたいことが
今回の記事の中に一つありますよwwww

誤字脱字の部類ならブログではめずらしいことではないしな~。
こう言っちゃなんだが誤字脱字の少なさには自信がある!(根拠はない)

写真にちぢれ毛でも写ってんのかと思ったが、違うようだ。
なんかコメント欄で盛り上がってしまってるし・・・。

う~ん、
モンモンするぜー!
いや、モヤモヤな。

こんばんは。EBAVOです。

実は前回スジ彫りトレーニングと称して、スジ彫りにいそしんでいたわけだが・・・
あきらめた もう無理。
スジ彫りしない。

試しに自分のザクに彫ってみて、まぁまぁな仕上がりだったため、本番に臨んだが、やっちまった。
それはまるで、ええ感じにほぐれたサキイカのようなライン。

オレ スジボリ キライ  スジボリ オレ ノ テキ
もう脳が退化するほどの拒絶。
よって埋設。
DSC_0643.jpg
パテ苦手だ・・・。

ヤスリがけでなかったことに。(記憶から抹消)
DSC_0646.jpg

で、他の作業・・・・

・・・

・・・

あぁぁぁあああああーー!!!!!

まさかこれが・・・これが・・・

師匠の予言・・・

両肩が左肩・・・
まさかの逆ジェイガイル・・・
DSC_0650 (1)

なんてね!
実は気づいていたのだー うははははは。
これでしょ?ね?師匠。

おそらく先日アップした写真、
↓これ。
DSC_0636.jpg
の中にある肩関節パーツが両方とも同じだったので、
またこいつ同じミスすんじゃね?ぷぷぷとなり、
師匠がコメントくれたと推測!

ま、この一連の流れを解説しますと、
まず今回、二体同時作製である。ということ

で、まちがって右肩関節を両肩に入れちゃった。

しかも合わせ目消しのため、接着済み。

合わせ目消しのときに間違いに気づく。

あわてて剥がす。

間接パーツ塗り直す。←これが写真。

実は自分用のザクは間接パーツ塗ってなかった。

ついでなんで全部塗っちゃおう。(左肩2個含む)

なので、同じパーツ。

というわけなのである!
お騒がせしてごめんなさい。

という、おもしろくも何ともない結末で申し訳なさの方が大きいような。
やはり、わざとミスるべきだったのか・・・。

騒動も一件落着。
続けよう。

キャンディ塗装用にボディパーツをツルツル磨き。
DSC_0645.jpg
左がツルツル。右がザラザラ。
ツルツル気持ちええ。

磨きも終わり、ともあれ、もう塗装したいんで、洗浄。
DSC_0649.jpg
現在、乾燥中。

謎も解けて、あ~すっきり!
いや、待てよ・・・実はこれじゃなかったらどうしよう。答え聞いてないし。
[ 2014/12/09 22:26 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(13)

スジ彫りトレーニング

いやー!寒い!寒すぎる!
灯油の消費量がハンパない。

でも、そんな中、走ってきた。
しかも河原。そして尋常じゃないくらいの強風。
死んだおじいちゃんが見えるぐらいの寒さ。

で、走ってると、向こうから自転車で走ってくるおっちゃんが強風にあおられてバランスを崩した。
かぶってたサンバイザーが飛んで、強風にのり、オレの方に猛スピードで転がってくる。

これをオレが逃すとどこまで行ってしまうかわからん!と妙な使命感に燃え、
9回裏2アウトの高校球児のようなプレッシャーの中、サンバイザーをキャッチ。

そして、おっちゃんに渡そうとしたが、
おっちゃんHAGEだった。
保護するとこ間違ってるよおっちゃん・・・。
しかも夜だし。

こんばんは。EBAVOです。

ザクのジェイガイルモード(両肩が右肩)により戦意を喪失。
ちょいプラモから離れて、酒におぼれていた。
なんという豆腐メンタル。

これではいかん!
少しずつでもボチボチやっていこう。

リハビリの装甲裏塗装と間接再塗装。
DSC_0636.jpg

で、問題のスジ彫り。
曲面の曲線にチャレンジ。(スネ部分)
あぁ・・・うまくいく未来が見えない。

テストなので、自分用のザクで試してみた。
DSC_0637.jpg
あれ?思ったよりマシじゃね?
しかも全部フリーハンド

実はよくわからない道具を買ってそれを使ってみたのだが、案外効果的だった。
DSC_0639.jpg
これなんだけど・・・。スパキュラ?
なんかモンスターっぽい名前に惹かれて買ったものの、先が尖ってたんでスジ彫り用かと思いきや、全然削れない。
調べてみたらフィギュアの造形用とかで使う道具とか、どうとか・・・。

無駄な買い物しちまったぜ!
960円もしたのに・・・。
と嘆いていたが、せっかくだし使ってみるかと思ったら意外といけた。
スパキュラで軽く何度も谷をなぞる。

なぞる。なぞる。なぞる。なぞる。なぞる。なぞる。なぞる。
ひたすらなぞる。

線の多数決。一番深いところに線が一番集中する。
はずしててもほとんど削れないので、ヤスリですぐ消える。

集中してるところを今度はナイフでけずって、溝作る。
溝をタガネで彫る。

というやり方を勝手に考案。

しかし弱点があり、ふくらはぎ下部は谷がはっきりしているのに比べ、上部は谷がなだらか。
線が分散されてしまうのである・・・。うーむ、対策を考えねば。

で、さっきのが0.15mmのタガネ。

つづいて反対側に0.3mmで彫ってみた。
DSC_0638.jpg

立体感は0.3mmの方があるが、1/144には0.15mmの方がスケール的には自然なのかな?

肩スパイクもこの方法でいけるといいのだが・・・
明日試してみよう。
[ 2014/12/07 23:50 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(11)

ハングドマン

先月末、友人がマックス村井の動画を見過ぎて速度制限がかかるという、
大人としてひじょうに恥ずかしい失態を犯した。
しかしその無邪気さは、ときに眩しくもある・・・。

で、さきほどマックス村井封印宣言のメールが来た。
どうでもいいわ!!
おかんのブラジャーぐらいどうでもいい。

気を付けた方がいいよ。だってさ。

こんばんは。EBAVOです。

さて、ザク。

仮組もおわり、部分的に塗装しようと思いつつも、工作はどうしようかなと・・・。
といってもスジ彫りとかプラ板貼り付けぐらいしかできないわけだが。

しかし肩スパイクとかスネとか曲面への曲線スジ彫りという難度Cクラスはボクチンには無理なわけで。
平面の直線に限定するとせいぜい盾、上腕、腰アーマー、モモ横ぐらいか。

でも、肩スパイクとかスネとかスジ彫りあるとかっこいいよね。葛藤。

とりあえず、間接パーツに色塗ってから考えよう。
DSC_0627.jpg

塗ってしまったが、決まらない。

合わせ目消しの準備をしてから考えよう。
DSC_0628.jpg

やっぱ決まらない。

合わせ目を消してから考えよう。


<2時間後>
チクタク チクタク

ほんぎゃーーーーーー!

DSC_0629.jpg
二体同時組みの悲劇・・・
両肩が右肩
ジェイガイルの旦那も真っ青。
DSC_0630.jpg

てかよー、いい加減こういうミス直そうぜ
自分でももう笑えないわ・・・。

もう壊れても良い。ムリヤリ剥がす!

ぬぬぬむー!

手では剥がれない・・・

股間をペンチで思いっきり挟み込みグリグリとねじくりまわした。
自分に置き換えると怖い。
完全に乾く前だったので、ヌメヌメっと剥がれた。傷は浅い・・・か?
DSC_0631.jpg

ま、見えない部分だし何とかなるかな。

ダメだ・・・今日はこれ以上やる気がおきん。
明日に期待。
[ 2014/12/03 23:50 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(11)

三倍の速度

あーたたたたたたたたた・・・

・・・たたたたたたたたぁぁあー!

(息継ぎ)

ワタァーーー!!!!


仮組完成。
DSC_0615.jpg
こ、これが愛の力。
ちょいフライングしたけど、実質二日。

やればできるじゃん!
これがオレの本気だ。

こんばんは。EBABOです。
うーん、スキヤキヤスリとセラカンナはすごい。
超楽チンだった。

シールドの面出しとかペーパーだったら苦行だけど、スキヤキヤスリなら音速。
DSC_0617.jpg

合わせ目消しもセラカンナ無双だった。
DSC_0616.jpg

後ハメ加工もバッチリ。
DSC_0618.jpg

ちゃんと武器も作ったぜ。
DSC_0619.jpg
バズーカの先っぽちょい曲がってね?(汗)

ゲート処理もこないだ買ったスキヤキヤスリで処理したら鬼っ早。神経使うけど。

で、いろいろポーズ付けて遊んだりしたけど、飽きてきたので、分解。
DSC_0620.jpg

間接パーツだけ先に色塗らないとモモとかスネの合わせ目消せないので、先に洗浄。
DSC_0621.jpg



で、最重要課題、配色について考えてみた。

腕と脚をピンクにして、本体を濃いめの赤で締めたらどうだろうか。
・・・それシャアザクだな(却下)

では、コメントで情報を提供頂いたザクを参考にしてみよう。

まず、師匠、ツヨさんからの情報提供による
ザクウォーリアライブ仕様
ザクウォーリアライブコンサート仕様。(と言う名らしい。)
なかなかのピンキーぶり。
しかし、そこまでのぶっ飛び感もなく、有りそうなデザインではある。

つづいてKazuさんに情報を提供いただいた
無題
釈由美子専用ザクII。
なぜ釈由美子なのか・・・。
ともあれ、専用機を作ってもらえるなんてうらやましい限り。
きっと偉い人におっぱいを押しつけておねだりしたに違いない。

・・・偉く・・・なりたいな・・・

そして、こっちはなかなかのぶっ飛び具合。
クリアパーツをふんだんに使い、リアリティは地平線の彼方にある棚の上にあげて、成層圏までリフトオフしてしまっている。
しかし、ディテはまぁまぁ凝ってるのね。

共通点はピンクでハートのデカール。
ハート・・・いるか?
もう、カワイイの定義がわかんないよ、ボク

では、どうしようか。

上記を参考にピンクはポップな感じで行こう。
場所は頭、前腕、上腕、モモ、スネ。

ボディは・・・
マットキャンディ塗装!(初挑戦)
オレンジでいこうかな。

(!)マットキャンディ塗装とは!
ツルツルの美しく輝くキャンディ塗装の上につや消しを吹きかけ、台無し感を楽しむドM塗装である。
車(実車)とかでよくあるそうな。

あと悩みどころはメカ部分と従来の黒パーツ部分。
メカはグレーでいいや。色味が多いとくどいしね。
元黒パーツ部分はなんか差し色的なものいれたいね。

もはや、自分でも仕上がりが予測不能
[ 2014/12/02 18:39 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(10)

続けざまに行くぜ!

いったん落ち着きを見せたリゼポン。
コートするかどうかで悩むところだが・・・いや、しようかな。した方がいいよね。
ギャラリーの写真もとらなきゃだめだしね。

さて、一度卓上を整理しよう。
完成すると行う儀式。てか、みんなそうだと思うけど。

ずいぶんとカラーも増えたな~。
DSC_0584.jpg
無駄に白がいっぱいあるな。

白なくなりそうだー!いっぱい使うし2個買おう。
白なくなりそうだー!(予備忘れてる)いっぱい使うし2個買おう。

脳みそさん、それぐらい覚えといてよね!

で、片づいた作業スペース。
DSC_0586.jpg
誰も興味ないと思うけど。
とにかく狭い。

こんばんは。EBAVOです。
オレは休まない!
リゼポン完成するやいなや!アズ スーン アズ リゼポン!

立て続けに行ってみよう!

次はこいつだー!
DSC_0614.jpg
【HG 1/144】量産型ザクII

連邦→ジオン ローテーションなので、今回はジオン。
初心に返り、基本中の基本ザクだ!
息抜きもかねて簡単キットで交互に行くと、ずっとジオンこの感じになっちゃう。
どっかで入れ替えないと・・・。

オーープンヌッ

さすがにパーツも少ないね・・・と思わせて、
DSC_0589.jpg

実はダブル!
DSC_0590.jpg

今回は二機同時作製に挑戦したいと思う。

さっそく、パーツを切り離し。
DSC_0591.jpg
まぁまぁ、多いやんけ~。
2台分でもリゼポンほどではないけど。

まだ組み立て説明書を熟読していないが、
オレの天敵、合わせ目消しがうごめいている予感。
ほとんど全部の箇所にあるんじゃね?これ。

ザクF2にすりゃよかったかな・・・。

で、なぜ2台同時かというと。
なんと初の作成依頼!
あ、お商売じゃないよ。人にあげる用ね。
金払ってまでオレの作ったプラモ欲しいなんて人、世界に3人もいない。


そしてなんと依頼者は
女子ですよ。女子!
色はピンクがいいんだって・・・まじか。

ザクしか知らないそうな。だから今回はザク。
初心に返って、どうたら~、なんて偉そうな事言うてたくせに!

一台はあげる分、一台は自分の分。というわけなのだ。

そんなわけで、モチベーションは過去最高。
[ 2014/12/01 17:31 ] 【HG】量産型ザクII | TB(0) | CM(11)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。