スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴッグラストスパート!

いよいよ完成に向けて大詰めのハイゴッグ。
あれ?まだ記事3つめだぞ?おかしいな・・・。(前の二つは10程度)

ここまで来て何もなければいいのだが・・・
振りじゃないよ

さて、仕上げとしては

①気分で飾り付け
②デカール貼り
③つや消しクリア塗布


の3点を施したい。では、さっそく作業に取りかかろう。

①気分で飾り付け
一人暮らし女子大生のお部屋模様替えを彷彿させるこの工程の正体とは!

簡単に言うと、オレが超絶得意としているマスキングを駆使し、
イージーかつシャレオツなデコレートをトゥギャザーしようという試みである。

で、大好きマスキング。
DSC_0297.jpg
めちゃ波打ってる。
超絶得意のくだりは忘れてください。

つや消しの白にタイヤブラックを2滴垂らしまぜまぜ。
エアブラシでプシュー
DSC_0298.jpg
やはり肩の白ラインめっちゃ波打ってる。
くっきり塗らずに端をグラデーションにすればよかった。
それっぽい手書き風になったかもしれない。

ま、雰囲気のもんやし、かまへんかまへん。
かまやしまへん!(再泣)
※お気に入りの流れ

つま先は組むときによく左右を間違えるのでワンポイントのグラデーション塗装で目印。

さっきのお面みたいなのは付属のシールを使ってみたかったので、ラインを入れてみた。
てかシール分厚すぎ!こりゃ師匠が意地でも使わないのも頷ける。

ちなみに1と2と3がそれぞれ2つずつついてた。

なぜ3にしたかというと3が好きだからである。
何番目に好きかと言うと3番目だ。
ちなみに一番好きなのは8。

くっつけるとこんな感じになった。
DSC_0312.jpgDSC_0314.jpgDSC_0313.jpg

②デカール貼り
デルタプラスの時に買ったコーションデカールを使用。
まだ全然減らない。オレの使い方が甘いのか。
今回は多めに貼ってみよう。

デカール貼りのやっかいなところは、センスがもろに出てしまうところである。
コーションデカールなので、危なそうなところに貼って、
リアリティポイントを17ptsは稼ぎたいところ。

そんなポイントがあればの話だが。

うーむ、一番危ないのは、爪だな。間違いない。

オレ「爪に貼ろう」
もう一人のオレ「ちょっとまて。爪はだめでしょ。」
オレ「だって、爪危ないよ?」
もう一人のオレ「そうだね、危ないよね」
オレ・もう一人のオレ「よし!貼ろう」

貼るわけねーだろ!
負けるんじゃねー、もう一人のオレ。

あかん、無駄に長くなってきた。

③つや消しクリア塗布
デカールを貼り終えたので、つや消しクリアでコーティング。以上。(スピードアップ)

できたー!
DSC_0316.jpg
50枚ぐらい貼ったのにデカールのインパクトちいせーな。

DSC_0309.jpg
暗い画像。
後ろでクリアの順番待ちをするグフ。

DSC_0311.jpg
つやを消されたバックパック。

そんなわけで、あまったクリアでグフをコーティング。
そういえば、グフ兄貴にはコーティングしてなかったな。
DSC_0320.jpg
おぉ!つやを消したら雰囲気が変わる。
ちょっと良い感じに見えてきた!

もうやって見るとやっぱグフかっけーな。
塗装はぼろぼろだけど・・・。

そんなこんなで完成~

DSC_0299.jpg

■おまけ
DSC_0321.jpg
潜行モード。
手を分解しないとこの状態にならないの。めんどくさいの。

あ!背中のバーニア付け忘れてる!
やっぱりやっちゃったか。

→完成品【HG 1/144】ハイゴッグ
スポンサーサイト
[ 2014/10/09 22:23 ] 【HG】ハイゴッグ | TB(0) | CM(2)

ゴッグ途中経過~

これが・・・
これがエアブラシ塗装ハイゴッグだ!

DSC_0293.jpg
ジャジャーン!

頭部装甲、前腕部などが缶スプレータミヤネイビーブルー
それ以外の部分がだいたいエアブラシでクレオスネイビーブルー
見えてないけど、関節部分は缶スプレージャーマングレー

水中MSだし潜水艦っぽくしたかったんだけど、
背中のパックのオレンジ目立ちすぎじゃね?

ということで、暗めの赤で塗ってみたが、なんか毒々しくなった。
DSC_0294.jpg
こんな感じ。ピッカピカやー。

んで、毎回恒例の合わせ目消し忘れ。もうホント何とかしたい。
アホなのかオレは。
DSC_0285.jpg
もはや、接着すら施されていない。
さてどうしよう。塗装を剥いで消すか・・・。

否っ!!
そんな合わせ目!直接修正してやる!

DSC_0286.jpg
香ばしく漂う失敗臭。

いまさらなのだが、オレは合わせ目消しが苦手かもしれない・・・。
うっすらのこってても妥協しちゃうし。
頑張ったら頑張ったで削り過ぎちゃうし。
そもそも消し忘れちゃうし。

2020年東京オリンピックまでにすべてのキットから合わせ目が消えますように(祈)

合わせ目消しは苦手だが、こんなオレにも得意なものがある。
得意というか好きな工程。

それはマスキングだー!
ひときわ地味だが熱中しちゃう、その魅力。
DSC_0282.jpg
なんでだろう・・・楽しいの。
モノアイの部分、マスキングしてサフ吹いたのに、
サフが侵入してて目がグレーになっちゃった。どないしよ。

で、赤色塗ってみた。
DSC_0284.jpg
さすがにネイビーブルーの上に赤は乗りづらい。
ま、雰囲気のもんだし、かまへんかまへん。

かまやしまへん!(泣)

塗装が乾いた頃、マスキングを剥がしてみた。
貼るのは好きだが、剥がすのは苦手である。よく引っ掻いちゃうから。

自分ではパーフェクトマスクのグッジョブでナイスガイなつもりだったが、
いっつもはみ出てる。ほんともー得意とか言って申し訳ない。

上手なマスキングのコツあるのかしらね。

しょうがないので、はみ出た部分にネイビーブルーをちょちょっと塗ってリペアー。
塗料が薄くて、中に進入。中ネイビーブルー。振り出しに戻る。泣きたい。

てことは、薄めの赤を垂らせば済んだ話なのではぁ~!?泣きたい。

という作業を経て、最初の写真ゴッグにたどり着いた次第である。

うーん、オレは成長してるんだろうか。
単に道具が良くなってるだけじゃね?

→第3話 ゴッグラストスパート!
[ 2014/10/08 19:56 ] 【HG】ハイゴッグ | TB(0) | CM(6)

さすがゴッグだ!

いよいよ四作目突入!

パーツの多いデルタプラスでちょっと疲れたので、
気楽に作れそうなコイツを衝動買いしてもた。
DSC_0236.jpg
自分の名前を自ら隠してしまうお茶目な箱絵が目印のハイゴッグ。(ジョーシン電機840円)

ゴッグです。ゴックじゃないです。ゴッグです。
ゴックの方が言いやすいんで、オレずっとゴックって言ってたな・・・。

でも、名前を間違えられたぐらいじゃ、動じない。
DSC_0006.jpg
さすがゴッグ!(ゴッグリーチでは当たらず)

パチパチとパーツをライナーからはずし、いつものごとくゲート処理。
さすがにパーツが少ない。ってか一個一個がでかい。

こりゃヤスリがけも楽ってモンだ。
【業務連絡】師匠!スポンジヤスリ買いました!曲面めちゃ楽です!

4つ目ともなると段取りも良い。
まずは組み立て説明書に目を通す。
合わせ目消しがいりそうなパーツを先に探し出し、あらかじめ接着(ドヤァ)

自らを褒めそうになったが、よく見るとほとんどのところで
合わせ目消しが必要なようだ・・・。まじかよ。

そう思うと、グフカスタムって合わせ目の隠し方ホントうまくできてたな、とちょっと回顧。

で、今回は前回惨敗したスジ彫りをがんばってみたい。

色は水中用モビルスーツらしく、ネイビーブルーで塗装しようかとおもっている。
けっして、缶スプレーが余っているからではない。

さぁ、どこからスジ彫ってやろうか!
DSC_0230.jpg
まずは腰部分。股関節パーツが本体と一体なため、スジ彫りで別パーツ感を出した。(出てる?)
円形に彫るのがむずい。

DSC_0229.jpg
腕の付け根部分。ここも一体なので、溝加工。

DSC_0228.jpg
手の甲もホリホリ。ここ結構お気に入り。

DSC_0234.jpg
腕タンク。潜行モードのとき腕につけるタンク。
直線が交差する距離の長いスジ彫り。ここ楽しかった。
一個30分ぐらいかけて夢中でスジ彫り。

てか、曲線が多くて難しい。
曲線部分はいきなりタガネで削らず、デザインナイフで軽く何度か撫でたあと、タガネを使っている。

あらかた、気の済むまでスジ彫りを行い、パーツ洗浄。
DSC_0235.jpg
こうやってみると、パーツ少ないね。

上半身だけ仮組みしてみた。
DSC_0232.jpg

デカッ
さすがゴッグ。どうにもならんぜ。

なまじパーツが少ないだけに、塗り分けが難しそうだ。
本体に一体になったダクトとか超多い。

では、塗装に取りかかろう!

なんか今回ペース早いぞ??

→第2話 ゴッグ途中経過~
[ 2014/09/27 17:45 ] 【HG】ハイゴッグ | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。