スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【HG 1/144】ハイゴッグ

四作目完成。

早々に完成していたのにすっかり写真のアップを忘れ去られていたハイゴッグ。
すまん、ハイゴッグ。(よく見たらホコリかぶっとるし・・・)

【業務連絡】Dolphinさんお待たせしました。

■作品紹介
二色のネイビーブルーを使い分けた意欲作。(缶スプレー&エアブラシ)
同じ色でもメーカーで全然違うのね、を肌で体感。
そして記念すべきエアブラシデビュー作でもある。

色は本来水色であるが、水中用MSということで潜水艦をイメージしてみた。
それ以外のこだわりは特にない。

では、ご覧いただこう!ホコリ高きハイゴッグを!

■【HG1/144】ハイゴッグ
DSC_0380.jpgDSC_0391.jpgDSC_0391a.jpgDSC_0393.jpg
相変わらず写真は撮るの苦手。
しかもゴッグがでかいので用意した紙からはみでちゃう。
左から
①毎度おなじみ比較的マシな画像
②謎の爪グラデーション。シェフの気まぐれ風。
③もも横の「3」カラーリング
④背中タンクのスジ彫りのやばさが際だつ。

DSC_0392.jpg
おそろしいほどにポージングの幅がないぜ。

DSC_0385.jpg
あかん・・・。ちゃんとホコリ払えばよかった。

DSC_0383.jpg
腕のデカールが結構お気に入り。

DSC_0393a.jpg
腕タンク。付け替えが結構危ういので別で撮影。

DSC_0380.jpg
一番安定の角度と解像度。

写真撮影も凝るとおもしろそうだ、と思う。
照明って大事だよね、うんうん。
安モンのスタンドでも買ってみようか。

■特筆すべき点
奮発してエアブラシ買って正解だった。とっても楽しい。

目次【作製記】
スポンサーサイト
[ 2014/11/01 14:54 ] ギャラリー | TB(0) | CM(6)

【HGUC 1/144】デルタプラス

ついに3作目完成!

いやー長かった。気がつけば秋。
作り始めた頃はあんなに暑かったのに。

■作品の紹介
今回は初のスプレー塗装。
そして問題のスジ彫り&スミ入れ挑戦。
デカール貼りなどいろんなことに挑んでみた。
うーん、我ながらがんばった・・・。
そういや、ウェーブライダーのパーツつくってねーな(汗)

ではご覧いただこう苦労の結晶を!

■【HGUC 1/144】デルタプラス
DSCN4730.jpg
グレー部分>タミヤスーパーサーフェイサー・クレオス呉海軍工廠標準色
胸部分など>タミヤネイビーブルー(USネイビー)
関節部分>クレオスミスターメタルカラーカッパー
内部機械部分など>クレオスジャーマングレー
白部分>クレオスホワイト

DSCN4724.jpg

元々のキットの色がかなり紫がかったグレーだったので、
オーソドックスなグレーにしてみた。
DSC_0122.jpg
元々はこんな感じ。

DSCN4731.jpg
デルタプラスなので、三角のデカールをたくさん使った。
少々くどかったか・・・。
ケツのデカール左右位置相当ずれてんな。

DSCN4725.jpg
ふくらはぎの無惨なスミ入れ・・・。

DSCN4728.jpg
シールドかっけー。
一番お気に入りのパーツかもしれん。

DSCN4727.jpg
ダメな部分をすべて隠してくれる素晴らしいアングル。
と思いきや・・・足の甲のパーツ浮いてもうてる。

いやー今回も手こずった!
でもいろいろ挑戦してみて勉強になりました!
phantom師匠いろいろ助言ありがとうございます!

■特筆すべき点
ライフルの塗り分けが意外と楽しかった。

目次【作製記】
[ 2014/09/26 17:13 ] ギャラリー | TB(0) | CM(5)

【HGUC 1/144】グフカスタム

オレにとっての第二作目グフカスタムが完成した。
長い道のりであった。

■作品の紹介
雨の中搬送されるグフ。
トレイラーからリフトで持ち上げられようとしたところ、
フックがはずれ、泥水の中に落下。
そのまま崖を滑り落ち、崖下の民家三棟が倒壊。幸いけが人はなかった。

というシチュエーションを意識してみた。


では、見てもらおう。初の全塗装グフを。

けして、筆ムラではない。

※終始、撮影者の影が入ってるのはご愛嬌。

■作品名「崖の下のグフ」【HGUC 1/144 グフカスタム】

DSC_0108a.jpg

DSC_0110.jpg

DSC_0113.jpg

DSC_0117.jpg

■特筆すべき点
ガトリング横のカンカンがうまく塗れた。ヌレタヨ!


もし、モビルスーツが実際に存在し、
運用されて、5年、10年と使い込まれると
一体どんな状態になるのだろうか。

もしオレがパイロットなら空き時間に毎回ピッカピカにするけどな!

目次【作製記】
[ 2014/08/20 10:44 ] ギャラリー | TB(0) | CM(5)

【HG 1/144】GM COMMAND SPACE 塗装ver.

■作品紹介
男にはやらなくちゃいけないときがある。
それができないとわかっていたとしても…だ!

様々なトラブルを経て、素組みバージョンを塗装。
いやー、こりゃ小学生にも負けるな。

プラモデルをちゃんと作ると言うことの難しさを知った経験でした。

工程での苦労話も書いてます

■ちょっとマシな画像
DSC_0030.jpg

■がんばったバーニアノズルの塗装
DSC_0029-2.jpg

■さまざまな欠点が見え隠れする正面画像
DSC_0031-2.jpg

■もはや唯我独尊の背面画像
DSC_0032-2.jpg

おそろしいぜ!ガンプラってやつぁ!

目次【作製記】
[ 2014/08/04 17:52 ] ギャラリー | TB(0) | CM(2)

【HG 1/144】GM COMMAND SPACE

初の作品!ジムコマンド宇宙仕様!(HG 1/144 560円)※定価はしらん

■作品の紹介
日本では、昔から素材そのものが持つ味を大切にしてきました。
誇張するための過度な加工を加えず、
素材の力を引き出すための最低限の加工は職人的な技術を要します。
それこそが日本の文化、伝統の本流ではないでしょうか。

では、ご覧ください。素組みのジムを

ほんま、スマン

GM COMMAND 素組み(2)

■特筆すべき点
初めてのカッター作業にもかかわらず指を切らなかった

目次【作製記】
[ 2014/08/03 14:02 ] ギャラリー | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。