スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

物欲選手権

小さな幸せ。

それはぞろ目の中にある。
4444.jpg

でも、高級車のナンバープレートぞろ目は嫌いです。(なんとなく)

こんばんは。EBAVOです。

先日、誕生日プレゼントでいただいた初マシーネンクリーガーのシーピッグ君の説明書を舐めるように、そしてときに舐めながら見ていた。

ところどころに出てくる「ここピンバイスの1mmね」みたいな指示。
サラッと書くんじゃない!(持ってないよ!)

(!)ピンバイスとはなにか!
2人組の暴れん坊刑事が活躍するマイアミバイスにおいて、
片方が死んでピンバイスになったわけではない。

端的に言うと
穴を開ける道具だ。
それ以上でも以下でもない。

それで終わると元も子もないので、リンクをば。
ENGINEER - ピンバイス(0-3.2mm用)
こういうヤツね。かっけーよね。

工具と聞くと、使う使わないに関わらず欲しくなっちゃうのが男の性。

で、今欲しい工具をまとめてみようと思う。
毎年恒例、第1回工具物欲選手権!
わーわーぱちぱち

■第5位
nogis.jpg
デジタルノギス
ハァハァ。測りたい。君のすべてを精密に測りたい・・・。
ってときが、あると思うんだ。1mmの誤差が命取りの模型。
0.01mmまで測定可能の驚異のデジタル定規。
精度なくして模型なし。We need accuracy always!

■第4位
senjoki.jpg
超音波洗浄機
ハァハァ。洗いたい。君を隅々まで洗いたい・・・。
ってときが、頻繁にあると思うんだ。ちょっとのホコリも命取りの模型。
手っ取り早くパーツを超きれいにしたいもんだ。
手間を惜しんで、金を惜します。Money can buy Time!

■第3位
microsera.jpg
ガイアノーツ マイクロセラブレード
ハァハァ。・・・特にない。
ナイフやらカッターでパーツをカンナがけするとき引っかかったりするのはいただけん。
そこで、セラミックナイフの登場だ。Oh, It's smooth!

■第2位
router.jpg

電動リューター
よくわからんが、削ったり、穴あけたり、回したり、おしゃべりしたり、なんかいろいろ出来そうだ!
これは欲しい!ちょいと値がはるのがネックか。I have no money!
もう英語やめてええすか?アホがばれる

■第1位
tenga.jpg
あ、ちが・・・(差し替え)

nippa.jpg
ゴッドハンド アルティメットニッパー
ウオォォオオ!欲しい!
無条件に欲しい!店で見つけたら脊髄反射で買う。
やっぱニッパーは基本だよね。一番よく使うし良い物が欲しい。
サクッと切れて断面が美しいらしい。
たまらんね。たまらん。うん、たまらん。

いかがでしたでしょうか。
ま、だいたいがphantom師匠のお薦め品なワケですが。
TENGA以外は。

・・・結局ピンバイスはいってないんじゃね? どんまい!

うーん、電動リューターとTENGAを組み合わせて・・・。
使える!

【今日のリゼポン】
勢いあまって変形しちゃった。
DSC_0568.jpg
でかい!大迫力。
残りパーツが足元にむなしく佇む。
スポンサーサイト
[ 2014/11/28 14:37 ] 工具など | TB(0) | CM(4)

そしてこれはユリアの分!

買っちゃった。
DSC_0447.jpg DSC_0448.jpg
師匠マネっこアイテム。弟子だからいいのだ。

五万石プラスチックヤスリ 全種セット(4本組)
ハイパーカットソーPRO-M
ガイドボックス

詳しいレビューはこちらだ!
Phantom師匠の【プラモデル始めました】
プラモデルの作り方 制作講座その33.道具のお話(その3 スキヤキヤスリ・BMCタガネ・ハイパーカットソー)
どうもありがとうございます。

性能は師匠のお墨付き。
師匠が良いって物はホントに良い物ばかりです。なので、今回も安心して購入。

やっぱり工具買うと
試さずにはいられないっっ!

さっそくお試し。まずはヤスリ。

購入と同時に持ち手部分にスポーツテーピングを巻き巻き。
もうちょっと綺麗に巻けばよかったな。
DSC_0449.jpg
アクションベースのあまりパーツ。

平らにすべくカシュカシュと削ってみる。
手応えがスムーズで引っかかりがないのに、削り粉がアホみたいに出てくる。
DSC_0450.jpg
あっさり消え去る先端のモールド。
おー!すげー!
仕上がりもめっちゃきれい。

続いて、ハイパーカットソーPRO-M
なんと刃厚0.1mm。
プラモやってから1mmって単位が大きく感じてしょうがない。
工具でも何でも単位が1mm未満ばかり。目が逝ってまう。

上のパーツの付け根部分を切断してみた。
DSC_0451.jpg
FUUUUU!なめらか。
削り粉があまりでない。
数回前後させるだけで下まで走った。
素晴らしい切れ味!そしてこの断面!

ジャンクパーツで実験しただけなのに、
おもろい!

ヤスリは使いどころがありそうだが、ノコは今のところ登場予定は無い。
もしあるとすれば後ハメ加工ぐらいだろうか・・・。

工具は男のロマン。
みなさんお使いの工具で他にもお勧めの工具あれば教えてね。

以上、びっくりするぐらいタメにならないレビューパート2でした。
ちなみにパート1はこちら

ちゃんとしたレビューはPhantom師匠のブログを見てね。
[ 2014/11/15 14:31 ] 工具など | TB(0) | CM(6)

つまりですね

ボチボチと進めようと思ったリゼルC型。
文字どおりボチボチと進んでいる。

それはさておき。
さて置いてはダメな気がするが、とりあえず置いておこう。

で、前から気になっていたデルタプラスを展示しているアクションベース。
目先を変えてコイツを何とかしたい。
DSC_0203.jpg
■素組されただけのアクションベース

といっても、ヤスリをかけて色を塗るだけだ。

配色は白と薄いグレーと濃いグレー。
にしようかなと思い、白を師匠直伝の横着殺法
「思春期だし少量ならカップで直接希釈してもいいじゃん in サマー」を
秋もまっただ中の今、オッサンが実践。

ハンドピースのカップに薄め液を入れ、そこで塗料を直接溶くと言う楽チン技なのだ。
さっそくやってみよう。

結果から言うとハンドピースが詰まった。
ま、まじか・・・。リアルタイプ顔面蒼白。

おそらくは横着にもほどがあったのだろう。
今思うと、師匠の言う少量と俺の思う少量に大きな隔たりがあったのだと思う。

最初の薄め液をまぁまぁ入れてもうた。(カップ1/3ぐらい)→敗因①
攪拌棒をぐるぐるして塗料を溶かすぐらいでは薄すぎのため、すくって入れてもうた。→敗因②
塗料が沈殿しノズルに希釈されていない原液注入。→フィニッシュ!K.O.!

まぁまぁノズルが詰まるトラブルなんてエアブラシを使っていれば、
日常的な出来事。焦る必要はない。
ここで焦って闇雲に動いては傷口を広げかねん。ちゃんと調べるのだ。

グーグルせんせーーーー!

ふむふむ、わからん。

・・・しかし分解は必至。

ばらして組み立てたら何となく直った、という機械製品あるあるに期待。

DSC_0329.jpg
勢いでばらした図。
順番ちゃんと覚えとかないと・・・。

一応それっぽくツールクリーナーで洗浄。組み立て。
上のボタングラグラ。なんでーーー!?

もっかい分解。構造再確認。原因発見。よしオッケー!
エア吹き出しオッケー。カップにクリーナー投入。

スイッチオン!ぷしゅーーーー。空気のみ。

なんでさーーー!

塗料の通り道が詰まっているのであろう。
しかし開通させる術がない。うーむ。

専用工具でノズルをはずし、
ニードルの裏側を出し入れするという技もあるらしいが、工具がない。

もうこれしかない!
救急蘇生術「マウス トゥー カップ」(今考案)
カップに口を付けて息を吹きかけ圧で開通させるのだ。

はふーーー!と息を拭き入れると
先っちょのデリケートな部分から、ドロドロの白い液体がピュピュッと飛び出した。(誤解なきよう)
はぁはぁ…これでイケるはずだ(恍惚)

で、再度クリーナー投入。
スイッチオン!ぷしゅーー。ミスト噴射。

やったー!なおったよー!
自分で壊して自分で直しただけなのに謎の達成感。

で、それからは慎重に塗料を別容器で希釈し、ちゃんと色を塗った。
そして完成。
DSC_0330.jpg DSC_0331.jpg
特に感慨深さもなくできあがってしまった。
むしろエアブラシの動作確認のために色塗ったみたいな・・・。

アクションベースを作ったよ報告だったのに、
エアブラシ壊して直しました報告になってしもたな。
[ 2014/10/17 15:49 ] 工具など | TB(0) | CM(4)

新たな仲間達

ガンプラを作り始めて早3ヶ月が経とうとしている。
ハイゴッグも完成し、4体目を組み終えた。

そもそも何で作り始めたのかよく覚えてない。
あーそだそだ。ガンダムUC見て燃えちゃったんだ。

バンシィが作りたかったのだ、バンシィ。しかもMG。
無知って怖い。
勢いで買ってたらストレスで即日、耳から血が噴き出るところだった。

いろいろありまして、道具もたくさん増えた。

まったく役に立たなかった水性塗料とガンダムマーカーから始まり、
今はエアブラシにまで急成長。
机は一端の模型野郎みたいになっている。技術はともなっとらんが。

で、エアブラシ購入により、塗装の効率が上がったので持ち手を増やそうと思う。
今までは自作持ち手半分、市販の持ち手半分という感じだ。

自作といっても竹串にクリップをマスキングテープで留めただけのもの。
DSC_0291.jpg
こんな感じ。なぜか横向き。しかも串の尖ってる方が上。
どういう形状のものが良いのか全然わからないまま作ったので、完全オリジナル。
マスキングテープなので、当然粘着力が弱くグラグラ。

これはいかん!

てわけで、ちゃんとガムテープで作り直そうと思う。

DSC_0289.jpg
目玉クリップより、このクリップ(ダブルクリップというらしい)の方が好きなのよね。
スタイリッシュだし。挟む部分の力が均等なのも良いのではないでしょうか。

DSC_0290.jpg
即完成。30本ぐらい作った。
ついでにグラグラしてたものも、改修。

DSC_0323.jpg
めっちゃ増えた。楽しい。
これ作るの趣味にしようかな。

!!!

わかった!オレ、単純作業の繰り返しが肌に合ってるんだ。
マスキングとかもきっとそのたぐい。

自分で気づいてしまったけど、なんか悲しい現実。
[ 2014/10/10 01:20 ] 工具など | TB(0) | CM(2)

つ、ついに!

エアブラシがスタンバイすること数日。

ついにこの日を迎えた!

出でよ!我が精鋭達!
DSC_0268.jpg 塗装ブース「ワイだけやけどな」

タミヤ ペインティングブース シングルファンである。
いままで購入した道具の中で一番巨大。
幅40cm 高さ30cm 奥行53cmである。(設置時)
これから買う人のためにサイズを記しておこう。見てる人いないけどな!

購入は例によってジョーシン電機なのだが、レジで「中身だけください」と
言ってしまったほど箱がでかかった。

で、持ち帰るなりセッティングした次第である。

DSC_0270.jpg
神々しいサイドビュー。

役者がそろったところで、さっそくエアブラシのシェイクダウンだ。

このときのために、ゴッグの塗装を途中でとめていた。

もっとも不安な要素。塗料の希釈。
マジわからん。(MWR)

師匠の指南書によると塗料と薄め液の割合が
1:2程度とのことだが測る術がない。しょうがないのでメッソでいこう。
メッソって共通語なのか・・・。どうでもいいけど。目測のことっすね。

DSC_0271.jpg
ふむふむ、わからん。

とりあえず、希釈してみたものの良いのか悪いのかもわかるはずなし。

とりあえず、噴いて見るべし!
まずはゴックの背中ジェット。

はじめてのエアブラシ作業。どきどき。
塗料の噴出量もエア圧も全然わからんまま噴射。
しかも無謀にものっけからパーツに塗装。

プシューーーー シューーー

す、すごい。これがエアブラシの力・・・。
・・・あれ?塗れてる?てか濡れてるだけ?

DSC_0274.jpg
薄い。垂れる。だめだ薄すぎ。

塗料追加投入。
DSC_0278.jpg

潜行モード腕タンク塗装開始!
DSC_0277.jpg
い、いい感じや・・・。いい感じやで、あんた・・・。

スプレーとは全く違う塗膜に感動。めっちゃ綺麗。モールドが全然埋まらない。

すげー!キモティー!
このとき、排気ホースをまだ設置していなかったことを思い出す。(室内に宙ぶらりん)
どおりで尋常じゃないくらいシンナー臭いはずだぜ。

調子に乗って、全然関係ない肩パーツまでオレンジ塗装。
DSC_0276.jpg
ピッカピカだぜー。

で、エアブラシ購入時から不安だったカラーチェンジ。
一体いかほどの手間と手順なのか・・・。

とりあえず、ハンドピースのカップ内オレンジ塗料は使い切った。
つぎはネイビーブルーである。

先端のキャップを1mmほどゆるめると空気が逆流するので、
薄め液でうがいをしろ・・・だと。

できるのか・・・おれに。

ブクブクブク・・・
簡単だった。

3回ぐらいブクブクしたあと、キャップを閉めて薄め液を噴くとノズルが綺麗になるとのこと。

できるのか・・・おれに。
簡単だった。

割とスムーズ。

もうこっからは、いろんなものに吹き付けて。遊びまくった。
DSC_0279.jpg
サフなしの上に塗るとどうなるんだろう?
サフの上なら?
塗装の上なら?
いろいろと試してみた。いやー楽しかった。

よし!この調子でハイゴッグを作っていこう!

【悲報】
DSC_0281.jpg
わかっちゃいたけど、全然違うタミヤのネイビーブルーとクレオスのネイビーブルー。
[ 2014/10/05 23:46 ] 工具など | TB(0) | CM(5)

なにがいるの?

ついに念願のエアブラシを手に入れたわけだが、
オレの勘では、きっと様々な用品を必要とするはずだ
たぶん。

まずは前回も少しふれた塗装ブース。
これは全面が開いた箱の中に換気扇とフィルターがついていて、
塗料の霧を屋外に運び出す用品である。箱ではないか・・・。
ま、それに近い物(ざっくり)

前回記事のコメントに師匠も書いておられるように、
タミヤなのか!はたまたクレオスなのか!

困ったときは、とりあえずジョーシン電機だ。

マイナーなものだし、そんなの電気屋にはおいてるわけないわな
と軽い気持ちで店に行ったら・・・なんとあった!
DSC_0261.jpg
しかも両方とも。
おそるべしジョーシン電機。プラモに情熱をかけすぎた電気店。
ワンフロアのちっさいジョーシン電機なのに驚いた。

何気なく左側にオレが購入したエアブラシと同品が陳列。
ジョーシンWebの方が1100円も安い!勝った!

よく行く店なので、店に置いてある物はだいたいわかっている。
前回来たときは間違いなくなかった。ジョーシン俺のニーズとらえすぎ。

しかし孫の日とはなんだ。どれだけ年寄りから金を巻き上げるのだ。
孫なんて年中、じーちゃんばーちゃんに小遣いせがんどるだろーが!

なにより、孫にエアブラシはいらない。

話を戻そう。
師匠のブログによると、
タミヤのものよりクレオスの方がハイパワー
そして、クレオスの方がでかく、金額が1000円高い。

外箱の形状を見る限り、クレオスの物は前後幅があまりないような気がする。
あぁ、クレオスのはフィルターの交換も必要なのか・・・。

まさに一長一短。とりあえず保留。
財布に2000円しかなかったというのもある。

手ぶらで帰るのもなんだし、使いそうな物を買ってみた。
DSC_0262.jpg
エアブラシ専用薄め液。
エアブラシ専用・・・いい響きだ。

そういえば、俺が使ってる持ち手立てにしている猫の爪研ぎなのだが、
買ってきてそのまま使っており、よくよく考えてみれば、穴が貫通しているのである。

すなわち、持ち手を刺したまま持ち運べない。(不覚)
DSC_0083.jpg
これね。

ついでだし、ホームセンターに行って持ち手台作っちゃおうかな。

この流れは作業を始めてから足りない物に気づくパターンだ!
まちがいない。
[ 2014/09/30 00:10 ] 工具など | TB(0) | CM(2)

そしてこれはオレの分!

やったー!やってもたー!買ってもたー!

エアブラシ買ってもうたー
ついに念願のエアブラシ購入。

昨日の朝、ジョーシンWebで注文していた
Mr.リニアコンプレッサーL5/レギュレーター/プラチナセット
が届いた。

もちろん、どんな物がいいのか知識を全く持ち合わせていなかったので、
師匠もお使いというこれで決まり!
ネットでも評価も上々なので当初からこれに決めていた。

では紹介しようあたらしい仲間を!

DSC_0251.jpg
到着したてのL5君とその仲間達。

ご開帳ー。

パカッ
DSC_0252.jpg
おぉふ。いきなりハンドピース。まぶしいぜ。

パカカッ
DSC_0253.jpg
コンプレッサーキターーー。

さっそく出して組み立ててみよう。
■ドレン&ダストキャッチャー装着ハンドピース
PS289プロコンBOYダブルアクション 0.3mm
というものだそうだ。よくわかんないけど。
DSC_0256.jpg
く!画像が横向いて直らねぇ・・・。
キャッチャーは水抜きと塵を拾ってくれるんだろうけど、
つけることによって持ちやすくなるんだね。たぶん。

■エアブラシスタンド
DSC_0259.jpg
使いやすいのかどうかわかんない。

■レギュレーター
DSC_0257.jpg
これによって空気の流量を調節するのだ!
もちろん適切な圧は知らない。
ハンドピースを2つ付けられるらしい。

■コンプレッサー
DSC_0258.jpg
おぉ、思ったよりもコンパクト。
もっといかついと思ったてたけど、シンプルでいい感じ。

■全体像
DSC_0255.jpg
かっこえー。

早く使ってみたいが、
塗装ブースがない・・・。
困った。

せっかくなので、電源オン。

ブブブブブブブ・・・。
おもったより静かだ。これなら夜も大丈夫そう。
ゴムのシートとか敷いたら振動とかも気にならないかな。

ともあれ、早く使って色塗ってみたい。

以上、びっくりするぐらいタメにならないレビューでした。
[ 2014/09/29 10:49 ] 工具など | TB(0) | CM(2)

デビュー

ガンダムUCを見た。
突如ガンプラを作ってみたくなった。
MGバンシィを作る!(素組で)

と、思い立ったが、買うには至らず。
てか、4000円とかすんの?(汗)

せっかくなので、勉強してからちゃんと作ってみようと思い、
いろんなサイトで初心者作り方講座を眺めていた。

結果:MGバンシィは無理

ともあれ、なんか作ろうと思い、近所のジョーシン電機に行ってみた。
ジョーシン電機は電気屋さんだが、ホビー用品が充実しているのである。
しかもガンプラが豊富。

まずは、素組でしっかり作ろうと考えていたので、
ジムコマンド(宇宙版?)を特価560円で購入。
工具はタミヤにニッパーとデザインナイフと
なんだかわかんないけど、サイトでお勧めされていた墨入れ用の水性のガンダムマーカー。
総額で2000円程度なーりー。(まぁまぁ、いったな)

■今回買ってきたプラモデル
【HG】GM COMMAND SPACE
HG ジムコマンド(宇宙仕様)1/144 560円

■買ってきた工具達
ニッパーガンダムマーカーデザインナイフ

おーーーし!ガシガシ作るぜ!

続きはそれぞれのカテゴリーでどうぞー

[ 2014/08/03 10:26 ] 工具など | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。